エンタメ

平成最後の「7億円サマージャンボ」超狙い目(2)組番号を足して「9」を狙い撃ち

 とはいえ、やはり“諭吉3枚”の出費は厳しいという読者も多いことだろう。

 そこで、週刊アサヒ芸能名物「組番号」&「10万台」の狙い撃ちといこう。長利氏が指南する。

「今年のポイントは平成最後の『サマージャンボ宝くじ』という点です。諸説あるものの、一般的には1979年(昭和54年)に誕生し、今回で40回目を迎えますが、過去の1等の当せん番号を10年区切りで見ていくと、組番号に必ず『4』と『7』が出現するという法則が見えてきます」

 10年区切りの番号は次のとおりだ。

●1988年(昭和63年)【84組130391】【37組122467】

●1998年(平成10年)【74組165029】

●2008年(平成20年)【47組139741】

「察しのいい方であればお気づきになると思いますが、1988年といえば、昭和最後のサマージャンボでした。そして、平成になってからの組番号の出現回数を見ると、組十位のトップは『7』の9回で、組一位は『4』が断然の11回。平成最後となる今回は、強運数字の『4』と『7』が外せそうにありません」(長利氏)

 大本命の組番号は「74」で決まりだが、長利氏は「72」「45」「27」「54」の順で押さえたいという。

「直近の3大ジャンボ(17年サマー、17年年末、18年ドリーム)の組番号に注目すると、組十位と組一位の和が『2』⇒『1』⇒『0』ときている。この流れに素直に従い、組番号の和が『9』になるパターンも狙ってみたいですね」

 組番号の狙い撃ちが成功すれば、当せん確率は10万分の1まで飛躍的にアップするが、さらに当せん番号の10万台の攻略においても、長利氏は“平成最後”だからこそ、注目している番号があるという。

「ズバリ『16万台』です。昭和の最後は『12万台』『13万台』『17万台』が1等の当せん番号でしたが、この中の『17万台』は、昭和時代に2回しか出現せず、狙いにくい番号でした。『その時代に狙いにくい番号が最後に出る』ということで言えば、平成は『16万台』が当てはまります」

 平成になってこれまで62本の1等が出ているが、そのうち「16万台」が出現したのは、最下位の2回のみだ。

「昭和の最後の抽せん会で『17万台』が最下位から脱出したように、平成最後の抽せん会でもまた、30年前の再現なんてことになりそうな予感がしませんか(笑)。ちなみに『16万台』が出現した2回は、平成5年と平成10年でした」

 今年は5の倍数の平成30年だけに、もし『74組』の『16万台』なんてことになれば、当せん確率は1万分の1にまで大幅アップ! まさに真夏の夢が広がるというものだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!