芸能

「ついに腰に来た!?」名倉潤を疲労困憊させる堀内健の“モンスター芸人”伝説

 椎間板ヘルニアの手術を受けたことで約2週間の芸能活動休養が発表されたお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤。

 長年にわたりバラエティーの世界を牽引し、快進撃を続けてきた49歳の“アラフィフ芸人”にとって、蓄積された身体の疲弊を覆い隠すことはもはや不可能だったようだ。1994年にデビューし、「笑う犬の冒険」(フジテレビ系)や「銭形金太郎」(テレビ朝日系)といったヒット番組に恵まれ、現在も日本テレビの看板番組「しゃべくり007」でレギュラーを務めるネプチューンは、今やワタナベエンターテインメントを代表する大御所芸人としての地位を固めているものの、“身体的な安息”は訪れる気配がない。

「というのも、ネプチューンにはツッコミの名倉を決して休ませないボケの原田泰造と大ボケの堀内健という2人のパワフルな存在がいます。とりわけ後者のホリケンはモンスター級の暴走芸人として知られ、長年付き添った名倉ですら、どう突っ込んでいいか困惑する場面もしばしば。『しゃべくり』でもカラダを張るホリケンのアクション芸に渋々付き合わされる名倉という構図が頻繁に見られ、いつまでも若々しいホリケンとのプロレス応酬は名倉にとって限界ギリギリだったのかもしれない」(テレビ誌ライター)

 普段は温厚で、ホリケンによるいかなる暴走にも“キレたことはない”という名倉だが、例外が1度だけあったようだ。

「突発的なアクション芸や、一般人の理解を超えたボケがホリケンの良さだと十分に認識している名倉ですが、たった1度だけ“マジギレ”する一幕があったと過去にホリケンが振り返っています。何でもある番組中のロケでホリケンが馬糞を名倉の顔に押し付けたところ、名倉は表情を一変させ、スタッフに収録を一時的に止めるよう指示。鬼の剣幕で『オレはケンが何をやっても何も言っても許してきた。でもな、馬糞はあかん』と叫んだという。ホリケンは、名倉に“馬糞アタック”なる渾身のギャグを理解してほしかったとのことですが、そんな奇怪なボケに理解を示すことのできるツッコミはそう多くないでしょう」(テレビ誌ライター)

 もちろん今回の名倉の休養は、ホリケンとの応酬によるものではないだろう。が、“ネプチューンのツッコミ”という大役は、やはり非常に困難な役職と言えるのかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!