芸能

吉岡里帆、主演ドラマ2作目で懸念される「前作で染み付いたイメージ」!

 連続ドラマ初主演となった「きみが心に棲みついた」(TBS系)に続き、7月17日スタートの「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)でも主演が決まった吉岡里帆。17年ブレイク女優ランキング1位の座にふさわしい活躍ぶりだが、2013年から女優として活動を開始して以来、知名度は格段に上がったが、なぜか「負のイメージが強い」(芸能ジャーナリスト)という。週刊文春が行っている「好きな俳優・嫌いな俳優ランキング2018」の「嫌いな女優部門」では、昨年の圏外からいきなり6位にランクイン。その理由としてネット上では、「帯ドラマの主演を演じるほどの女優なのか疑問」「性格の悪さがにじみ出ている」など、辛辣な言葉が並んでいるのだ。

「おそらく、前作『きみが心に~』の役どころが影響しているのでしょう。吉岡が演じた小川今日子は、いつも自分を卑下し、動揺すると挙動不審になるネガティブの塊のような女性。しかも、愛した男の言いなり。命令されれば、人前で一糸まとわぬ姿もさらしてしまうような危うさもある。視聴者からは『観ていて不快になる』など散々な評価でした。そのイメージが“嫌い”票につながったんだと思います。平均視聴率も7.7%と、決して褒められた数字ではありませんでした」(前出・芸能ジャーナリスト)

 これらの結果は、新ドラマの懸念材料とならないのだろうか。

「原作で吉岡演じる義経えみるは、空気の読めない鈍感な性格。人と関わるのが下手なのに、配属先は生活保護を扱う福祉事務所。そして配属早々、担当していた人が自死してしまう。これを機に、ケースワーカーとしての自覚に目覚め、真剣に取り組んでいくというストーリーなのですが、前役の小川と性格がかぶる部分もあるので、そこが心配です」(前出・芸能ジャーナリスト)

 主演ドラマ2作目で「好きな女優」という評価に転じることができるかどうか、勝負どころだ。

(写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
4
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
5
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い