芸能

飯島直子、米倉涼子の水着姿が激アツ!平成30年を彩ったキャンギャルたち

 季節の風物詩として男性を喜ばせてきた「真夏のキャンギャル」。グラビア界の登竜門であり、ここからさらに大きく羽ばたいたタレントも少なくない。平成最後の夏に30年間の歴史を振り返ってみよう。

 キャンギャルの歴史は1966(昭和41)年、前田美波里の資生堂ポスターから始まった。以来、70年代にはアグネス・ラムや夏目雅子が、80年代には烏丸せつこや山口智子がブレイクする。

 そして平成に入ると、年に何人ものキャンギャルが生まれる。水着メーカーやビール会社の2大横綱はもちろんのこと、航空会社や化粧品、家電メーカーまでもが入り混じり、バブル経済並みの繁忙期を迎えた。この時代を代表するのが飯島直子と米倉涼子だ。飯島直子は「クイーン・オブ・ザ・キャンギャル」と呼ぶにふさわしい存在で。実に5社が起用するという人気だった。

「今や大女優に成長した米倉にも、ビール片手に水着でニッコリしていた時代がありました。今はお宝写真になっています」(週刊誌記者)

 21世紀になると航空会社の撤退など、企業の数は減った。それでも、90年代後半から過熱したグラビアブームと連携しながら、新たな局面を迎えることになる。04年に安田美沙子、06年に山岸舞彩、07年に木下優樹菜にリア・ディゾン、そして09年に佐々木希と個性的な顔ぶれがニューフェイスとして次々と登場したのだ。

 残念ながら20世紀の時代ほどCMも多くなく、またキャンギャル=水着ではないケースも増えたため、印象には残りにくくなっている。ただ、菜々緒や佐野ひなこ、久松郁実、朝比奈彩らが男性ファンの目を楽しませている。

 そして2018年、わずかに残ったキャンギャルは「三愛」と「東レ」だけ。新たな元号となる来年の夏はどんなキャンギャルが登場するだろうか。8月3日に発売された「アサ芸シークレットVol.53」では、ここで紹介した女性を含め、平成を代表するキャンギャルを写真入りで振り返っている。美女たちの艶姿で暑い夏を吹き飛ばしていただきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃