芸能

たむらけんじ、副業焼肉店を爆儲けさせた「芸人の性を利用」巧妙テクとは?

 お笑いタレントのたむらけんじがオーナーを務める「炭火焼肉たむら」の勢いが止まらない。

 今夏には同店を運営する株式会社田村道場が、越境ECモール「ゼンマーケットプレイス/ZENMARKETPLACE」にて“炭火焼肉たむらの肉が入った”レトルトカレーの海外販売をスタートさせると、音楽イベント「ROCK IN JAPAN FES.2018」で盛り上がる国営ひたち海浜公園にも「焼肉たむら」を出店。当のたむら本人はバラエティ番組への出演などが減少傾向にあるものの、焼肉店は絶好調で徐々にその勢力を伸ばし続けている。

「やはり浪速の商才がみごとに発揮されたのでしょう。そもそもたむらの商人としての才能は今に始まったわけではなく、過去には創業したての『炭火焼肉たむら』をテレビで宣伝する手段として、バラエティ番組の収録に臨む直前の芸人や共演者に『ウチの焼肉屋をマズイとボロクソに言ってもええよ』などとアオり、告知のタネを蒔いていたんです。『ウチの店を宣伝してくれ』と言われれば、周囲の芸人も断っていたでしょうが、『ボロクソに言っても良い』と許可されたことで、たむらの思惑通りに本番では同店の悪口合戦が開戦されました。“アレがマズイ、コレがダメ”などの指摘が飛び交い、結果として視聴者は“たむらが焼肉屋?気になる、食べてみたい”といった具合に、全国放送でのしたたかな宣伝は成功したんです」(テレビ誌ライター)

 通常、飲食店が全国放送レベルの電波に乗せてCMを流す場合、数千万円レベルの広告費が必要になることもあるが、たむらは支出ゼロで番組トーク内に宣伝を落とし込み、CMよりもはるかに効果的といえそうな、“ナチュラルな告知”に成功した格好である。「宣伝してくれ」という懇願ではなく、「ボロクソに言って良いよ」と“許可”するように見せたことで、巧みに他芸人のイジりたがりのサガを利用したのだ。

 最近では仮想通貨の波にいち早く食いつき、億を稼いだとも囁かれており、もはや笑えないレベルでの敏腕投資家となりつつあるが、そんなウハウハ状態の中で本業のお笑いとしての活動は継続されるのだろうか?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大食い王準優勝の「魔女菅原」が敗因を告白!マックス鈴木に負けた意外な理由
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
脚本がお粗末?「シロクロ」は横浜流星と清野菜名を愛でるだけのドラマか
4
美女アナ10人「令和2年のムラムラ欲望」をスッパ抜く(3)テレ東・鷲見玲奈アナの不貞疑惑からの復帰は…
5
石原さとみ、「綾瀬・深田連合」に“宣戦布告”で「ホリプロ三姉妹」激震のワケ!