芸能

ヘイジャン中島裕翔が月9で演じる天才役に「原作ドラマの俳優に謝れ!」の声

 10月期の月9ドラマに、Hey!Say!JUMPの中島裕翔が、天才的な頭脳を持つフリーターの役で出演することがわかった。織田裕二主演の「SUITS」(フジテレビ系)は大手弁護士事務所を舞台に、東大卒の切れ者弁護士である織田がみずからのアシスタントとして、その日暮らしの天才フリーターを雇い入れるというもの。中島が演じるフリーターは高二で司法試験予備試験に合格したという触れ込みだ。

 そんな枠組みを聞いただけで「そりゃ無理ありすぎだろう」と思わずにはいられない配役だが、このドラマには原作があるという。海外ドラマに詳しいテレビ誌のライターが指摘する。

「本作品は、2011年からアメリカで放送されている同名の人気ドラマが原作。そのアメリカ版で中島と同じ役を演じているパトリック・J・アダムスは、これが当たり役となって人気俳優の仲間入りを果たしました。そのアダムスは西海岸の名門・サザンカリフォルニア大学(USC)で演劇を専攻し、『コールドケース』や『NCIS ネイビー犯罪捜査班』といった人気作品に出演。29歳にして『SUITS』の主役をつかんでいます。そのアダムスを同じ役を、まさか中島が務めるとは…。フジテレビはジャニーズ人気にあやかりたいだけで、ドラマとしての出来栄えなどどうでもいいのでしょうか」

 原作版でアダムスが演じていた役は、天才的な頭脳と完全記憶力を持つという点では中島の天才フリーター役と一緒かもしれない。しかし原作のほうはもともと弁護士を目指して大学に通っていたという設定で、試験での不正行為が原因で退学処分になっている。それに対して中島の役は高校在学時から天才的な能力を発揮していたという点が大きな違いだ。

「USC卒のアダムスなら弁護士を目指す大学生役もごく自然に演じられますが、堀越高校卒の中島が司法試験予備試験に高二で合格する天才役というのは、いくら何でも無理がありすぎでしょう。しかもアダムスは本作の活躍により、2011年には映画俳優組合男優賞のノミネートも受けています。そんな名優の役を日本版ドラマで演じるなら、演技面でふさわしい俳優はほかにもいくらでもいるはず。それをよりによってジャニタレの中島にやらせるとは、中島や本作の制作陣はアダムスをはじめ、原作ドラマ側に謝ってほしいくらいです」(前出・テレビ誌ライター)

 視聴率のためには演技力よりもジャニーズの知名度。この調子ではまだ、フジテレビのドラマが復活する日は遠いのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…