芸能

ヘイジャン中島裕翔が月9で演じる天才役に「原作ドラマの俳優に謝れ!」の声

 10月期の月9ドラマに、Hey!Say!JUMPの中島裕翔が、天才的な頭脳を持つフリーターの役で出演することがわかった。織田裕二主演の「SUITS」(フジテレビ系)は大手弁護士事務所を舞台に、東大卒の切れ者弁護士である織田がみずからのアシスタントとして、その日暮らしの天才フリーターを雇い入れるというもの。中島が演じるフリーターは高二で司法試験予備試験に合格したという触れ込みだ。

 そんな枠組みを聞いただけで「そりゃ無理ありすぎだろう」と思わずにはいられない配役だが、このドラマには原作があるという。海外ドラマに詳しいテレビ誌のライターが指摘する。

「本作品は、2011年からアメリカで放送されている同名の人気ドラマが原作。そのアメリカ版で中島と同じ役を演じているパトリック・J・アダムスは、これが当たり役となって人気俳優の仲間入りを果たしました。そのアダムスは西海岸の名門・サザンカリフォルニア大学(USC)で演劇を専攻し、『コールドケース』や『NCIS ネイビー犯罪捜査班』といった人気作品に出演。29歳にして『SUITS』の主役をつかんでいます。そのアダムスを同じ役を、まさか中島が務めるとは…。フジテレビはジャニーズ人気にあやかりたいだけで、ドラマとしての出来栄えなどどうでもいいのでしょうか」

 原作版でアダムスが演じていた役は、天才的な頭脳と完全記憶力を持つという点では中島の天才フリーター役と一緒かもしれない。しかし原作のほうはもともと弁護士を目指して大学に通っていたという設定で、試験での不正行為が原因で退学処分になっている。それに対して中島の役は高校在学時から天才的な能力を発揮していたという点が大きな違いだ。

「USC卒のアダムスなら弁護士を目指す大学生役もごく自然に演じられますが、堀越高校卒の中島が司法試験予備試験に高二で合格する天才役というのは、いくら何でも無理がありすぎでしょう。しかもアダムスは本作の活躍により、2011年には映画俳優組合男優賞のノミネートも受けています。そんな名優の役を日本版ドラマで演じるなら、演技面でふさわしい俳優はほかにもいくらでもいるはず。それをよりによってジャニタレの中島にやらせるとは、中島や本作の制作陣はアダムスをはじめ、原作ドラマ側に謝ってほしいくらいです」(前出・テレビ誌ライター)

 視聴率のためには演技力よりもジャニーズの知名度。この調子ではまだ、フジテレビのドラマが復活する日は遠いのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」