芸能

美女アナ「封印されたハラスメント被害」全て書く!(1)フジ・三田友梨佳が入社時の面接で…

 マラソンの瀬古利彦氏による宴席での地方アナへのハラスメント発言に続き、フジテレビの三田友梨佳アナの告白など、ここにきて女子アナの被害が相次いだ。その背景にはテレビ局の旧態依然とした体質が指摘されるが、そんなハラスメントの数々をスッパ抜く!

 フジテレビ・三田友梨佳アナ(31)による被害告白が波紋を広げている。

 8月14日放送の「志村の夜」に出演した三田アナはフジテレビ入社時の面接について面接官から、

「『ビヨンセのモノマネをして』っていきなり言われて、腰を振りました」

 と“腰フリ強要面接”の実態をぶちまけ、そのセクハラ体質を明るみに出したのだ。

 それだけではない。現在フリーになった加藤綾子(33)も、昨年7月に放送された「クジパン」(フジテレビ系)の中で、フジテレビからセクハラ質問を受けていたことを公言していたことから、人事の姿勢に対して疑問の声が上がっているという。

「問題の番組で加藤アナは、面接官に『セクシーポーズをしてください』と言われ、スカートの裾を膝まで上げたと暴露しています」(女子アナウオッチャー)

 相次ぐ人気女子アナによる告白に、フジテレビ内部でもここにきて危機感を募らせている。フジテレビ関係者が解説する。

「明らかに彼女たちは『世間からフジテレビに非難が集中する』と理解したうえでバラしているんです。退社後に告白した加藤はともかく、三田アナは現役バリバリの社員。こんな話をしたら、局内で居心地が悪くならないわけがありません」

 実際、この告白が大きな騒動となったことで、三田アナは思わぬ窮地に陥っているようだ。

「『志村の夜』の放送後、フジの幹部が『なんでこんな話を流したんだ』と激怒していたんですよ。今後の三田アナの対応しだいではレギュラー出演する『直撃LIVE グッディ!』を降ろされかねない状況で、最悪の場合はそのまま退社となりかねません」(フジ関係者)

 三田アナによる“腰フリ面接”告白の意図について「世間に対する“SOS”以外の何物でもないでしょうね」と、フジ関係者は続ける。

「今年8月、マラソンの瀬古利彦氏による地方局女子アナへのセクハラ発言が報じられたばかり。女子アナたちは日頃から当たり前のようにセクハラに遭っている。三田アナも、番組を通して世間に救いを求めているとしか思えません」

 テレビ業界のセクハラ体質は今に始まったことではないが、昨今のコンプライアンス重視の企業姿勢が求められる時代にあって、いささか軽率な言動がいまだまかり通っているのも事実だ。先のフジテレビ関係者によれば、

「今、フジの女子アナでいちばんセクハラに遭っているのは宮司愛海アナ(27)。彼女は『さまぁ~ずの神ギ問』で、さまぁ~ずからアダルトビデオの話題を振られても平然と応じるほどで、フジ屈指の『下ネタOKアナ』なんです。ですが、それをいいことに、彼女に対して調子に乗ってセクハラ発言を浴びせるスタッフが続出しているんです」

 その「現場」を目撃したスタッフによれば、

「『今日のパンツは何色?』など、はいている下着の色を聞いたりするのは序の口。最近は過激化して『最近ヤッたのいつ?』とかお堅い企業だったら一発アウトで“訴訟レベル”のセクハラ発言を受けている。今のところ本人は笑って受け流していますが、内心ほとほとあきれているはずです」

 宮司アナ抜擢の裏にはこうしたセクハラ耐性も考慮されたというから、始末に悪い。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!