芸能

美女アナ「封印されたハラスメント被害」全て書く!(1)フジ・三田友梨佳が入社時の面接で…

 マラソンの瀬古利彦氏による宴席での地方アナへのハラスメント発言に続き、フジテレビの三田友梨佳アナの告白など、ここにきて女子アナの被害が相次いだ。その背景にはテレビ局の旧態依然とした体質が指摘されるが、そんなハラスメントの数々をスッパ抜く!

 フジテレビ・三田友梨佳アナ(31)による被害告白が波紋を広げている。

 8月14日放送の「志村の夜」に出演した三田アナはフジテレビ入社時の面接について面接官から、

「『ビヨンセのモノマネをして』っていきなり言われて、腰を振りました」

 と“腰フリ強要面接”の実態をぶちまけ、そのセクハラ体質を明るみに出したのだ。

 それだけではない。現在フリーになった加藤綾子(33)も、昨年7月に放送された「クジパン」(フジテレビ系)の中で、フジテレビからセクハラ質問を受けていたことを公言していたことから、人事の姿勢に対して疑問の声が上がっているという。

「問題の番組で加藤アナは、面接官に『セクシーポーズをしてください』と言われ、スカートの裾を膝まで上げたと暴露しています」(女子アナウオッチャー)

 相次ぐ人気女子アナによる告白に、フジテレビ内部でもここにきて危機感を募らせている。フジテレビ関係者が解説する。

「明らかに彼女たちは『世間からフジテレビに非難が集中する』と理解したうえでバラしているんです。退社後に告白した加藤はともかく、三田アナは現役バリバリの社員。こんな話をしたら、局内で居心地が悪くならないわけがありません」

 実際、この告白が大きな騒動となったことで、三田アナは思わぬ窮地に陥っているようだ。

「『志村の夜』の放送後、フジの幹部が『なんでこんな話を流したんだ』と激怒していたんですよ。今後の三田アナの対応しだいではレギュラー出演する『直撃LIVE グッディ!』を降ろされかねない状況で、最悪の場合はそのまま退社となりかねません」(フジ関係者)

 三田アナによる“腰フリ面接”告白の意図について「世間に対する“SOS”以外の何物でもないでしょうね」と、フジ関係者は続ける。

「今年8月、マラソンの瀬古利彦氏による地方局女子アナへのセクハラ発言が報じられたばかり。女子アナたちは日頃から当たり前のようにセクハラに遭っている。三田アナも、番組を通して世間に救いを求めているとしか思えません」

 テレビ業界のセクハラ体質は今に始まったことではないが、昨今のコンプライアンス重視の企業姿勢が求められる時代にあって、いささか軽率な言動がいまだまかり通っているのも事実だ。先のフジテレビ関係者によれば、

「今、フジの女子アナでいちばんセクハラに遭っているのは宮司愛海アナ(27)。彼女は『さまぁ~ずの神ギ問』で、さまぁ~ずからアダルトビデオの話題を振られても平然と応じるほどで、フジ屈指の『下ネタOKアナ』なんです。ですが、それをいいことに、彼女に対して調子に乗ってセクハラ発言を浴びせるスタッフが続出しているんです」

 その「現場」を目撃したスタッフによれば、

「『今日のパンツは何色?』など、はいている下着の色を聞いたりするのは序の口。最近は過激化して『最近ヤッたのいつ?』とかお堅い企業だったら一発アウトで“訴訟レベル”のセクハラ発言を受けている。今のところ本人は笑って受け流していますが、内心ほとほとあきれているはずです」

 宮司アナ抜擢の裏にはこうしたセクハラ耐性も考慮されたというから、始末に悪い。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス