社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「熱中症で気をつけるべきは温度と湿度どっち?加齢により低下する体温調節機能を自覚すべし」

 この夏は全国で記録的な猛暑となりました。消防庁のデータによれば、8月12日までに熱中症で救急搬送された人数は約8万人、死者は144人に上ったそうです。暑さのピークが9月上旬まで続く可能性も考えられるため、まだまだ注意が必要です。

 さて、熱中症患者は最高気温が25度を超えると増加し、30度を超えると死亡者が出ると言われていますが、ここでお題です。熱中症の危険度の指標として、温度と湿度はどちらをより意識したほうがいいでしょうか。

 まず、人体は暑さを感じると熱を冷まそうとしますが、汗をかいただけでは体温自体は下がりません。実際は、汗が蒸発する際の気化熱で体温が下がる仕組みなのです。100ccの汗をかくと体温が1度下がるので、まずは汗を拭くよりも、うちわなどであおぐのが体温を下げるためには効果的です。

 意外と知られていませんが、熱中症予防には汗の乾燥が肝心です。湿度が高いと汗が蒸発しにくく熱中症の危険性が高まるのです。例えば、気温が高いハワイで熱中症になりにくいのは、風が吹いて空気が乾燥しているためです。

 環境省は、暑さの危険性を測る数値として「暑さ指数(WBGT)」を発表しています。これは熱中症を未然に防ぐための指標で、熱中症要因となる「湿度・日射や地面からの照り返し・気温」の3つを取り入れた数値です。計算式は「気温(度)×0.1+湿度(%)×0.7+輻射熱(地面や建物、太陽から出る熱=MJ/平方メートル)×0.2」(屋外の場合。屋内では「気温×0.3+湿度×0.7」)となっており、湿度が熱中症の要因として数値全体の7割を占めています。

 環境省の熱中症予防情報サイトを見ると、最高気温34.8度で最少湿度42%、日射量18.79MJ/平方メートルの日における暑さ指数は28.6度で熱中症搬送数56人となっていますが、最高気温が33.2度と低いにもかかわらず、最少湿度が54%、日射量21.85MJ/平方メートルになると、暑さ指数は30.2度、熱中症の搬送数も100人との事例があります。

 これを見ただけでも、熱中症で注意すべきが温度より湿度であることがわかります。

 暑さ指数は次の4段階に分かれています。

「31度以上=危険」=外出を避け運動も原則中止

「28度~30.9度=厳重警戒」=外出時は炎天下を避けて激しい運動は中止

「25度~27.9度=警戒」=積極的に休息をとる

「24.9度以下=注意」=激しい運動や重労働に注意。

 細かい数字はさておき、暑さ指数が28度を超えたら外出や屋外作業を避けるべきと心得てください。

 屋外の暑さ指数は、湿度の他に日射環境も加わってきます。例えばアスファルトは熱を吸収しやすく照り返しが強くなるため、気温が30度でも体感温度が40度を超えることがあります。屋外の暑さ指数はこの点も考慮されています。

 また、加齢に伴い、熱中症の発症リスクは上がります。それは体温調節機能が低下し、暑さを感じづらくなり、さらに暑くても汗をかきにくく、汗の量が少なくなるからです。さらに、暑いと皮膚の血流が増えて体内の熱を逃がそうとします。しかし、高齢者の場合は暑くても皮膚の血流量が増えにくくなるのです。ですから、家では温度湿度計を設置し、冷房をつけ室温管理をしましょう。

 今年は暑さがさらに長引くと言われています。9月とはいえ直射日光を避け、水分と塩分補給をこまめに行い、日傘や帽子を忘れないようにしてください。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!