スポーツ

松山英樹が絶不調で「奇行」を連発していた(2)「音が違う」クラブにダメ出し

 次々とキャディーを代える松山に対し、「奇行というよりも愚行」と断じるのは、ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏だ。

「今の松山を見ていると、キャディーをパートナーとして尊重しているのか、疑わしい。進藤キャディーは試合会場を下見したり、米ツアーのキャディーたちと親交を深めて情報やデータを集め、黒子に徹しながら松山を支えてきた。悲願のメジャー制覇に欠かせない存在ですよ。17年の全英オープンで優勝したジョーダン・スピースにしても、最終日の13番、キャディーのアドバイスがミラクルショットにつながった」

 今季の松山はキャディーだけでなく、ドライバーも次から次に替えて話題を呼んでいる。

「松山は昨季から引き続き、キャロウェイのモデルでスタートしたが、6月に破損。その後は、テーラーメイドやピンのモデルを使い、前年チャンプとして迎えた8月の『WGCブリヂストン招待』からは、キャロウェイの欧州限定モデルに切り替えた。実に今季、5モデル目でした」(ゴルフライター)

 松山といえば、帽子のエンブレム「スリクソン」でもわかるように、ダンロップと総合契約しているが、

「松山がスリクソンのヘッドカバーを外すと、他社のエンブレムが光る(笑)。昨季まではそのネームプレートを黒く塗りつぶしていましたが、今年の初め、契約更新時に、『納得したドライバーが完成したら使用する』という旨の異例契約となり、堂々と他社のドライバーを使っている。ちなみに、その契約更新発表の会見もなかったほどです。前代未聞のことでした」(ゴルフライター)

 松山は今年6月の国内戦「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で、スリクソンモデルを手にしたが、

「研究開発に積極的に参加しているというポーズのように見えて、逆に『国内戦だから使ったのでは?』と皮肉が聞こえてきた。松山は、いい意味で職人肌の完璧主義者ですが、ダメ出しでは『(インパクトの瞬間の)音が違う』というような説明で開発者泣かせ。音域レベルの調整となると、相当な時間を要するそうです」(スポーツ紙記者)

 一流スポーツ選手の道具へのこだわりは、時には「変人扱い」されがちだが、

「でも、大切な道具を叩きつけたりはしないでしょう(苦笑)。ゴルフは人間性を磨くスポーツ。ニクラウスもパーマーも、現在世界ランク1位のジョンソンもそんな愚行はしない。日本のトップでいながら寂しく映る点が、そこです。今の彼は、まさに唯我独尊。悲願のメジャー制覇のためにも進藤キャディーとの関係を修復して、すばらしいクラブを手に入れ、誰からも好かれるプレーヤーになってほしい」(宮崎氏)

 強さと優しさを秘めた変人であってほしいのだが‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?