社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「延命措置の一つ“胃ろう”はすべきかどうか。長期間の介護になる覚悟での決断をすべし」

 胃ろうという処置方法をご存じでしょうか。食事などを口から摂ることができなくなった場合に、腹部を切開して胃に管を通し、食べ物や水分を流し込む方法です。いわば「人工的水分栄養補給」であり、寝たきりでみずから食事ができなくなったお年寄りや、若くして病気や外傷で食道機能に障害がある患者などに対して処置されています。

 では質問です。「認知症で寝たきりになったお年寄りに胃ろうは行うべきか、やらぬべきか」が今週のお題です。

 嚥下機能の低下による誤嚥性肺炎を防ぐべく食べ物を流し込むこの処置法は、老衰や末期がんの患者や、患者本人が望まない場合などは行われないこともあります。

 生き方に関わることでもあり、答えは難しいところで、人それぞれです。もし相談されたら私は「やらないほうがいい」と答えます。

 現代では多くのお年寄りが延命措置をされている現状があります。80年代にアメリカで開発された胃ろうは、劇的に日本の平均寿命を世界トップクラスに押し上げた例もあります。鼻からのチューブに比べ、患者の苦痛や介護者の負担が少ない点では画期的と言えます。また、ノドにチューブを通さないことで、病状が回復した際には口から食べるリハビリや言語訓練が行いやすいというメリットがあります。

 ただし、人間は自分で食事ができなくなる時が寿命であると私は考えています。胃ろうは人間の寿命を、長ければ10~20年ほど延ばしますが、意識のないまま生かされていることが、その人にとって幸せでしょうか。仮に私がそのような状態になった場合、意思を示せずに寿命を延ばされても拷問のように感じるでしょう。家族の意思は置いておき、意識があるのに動けず食事もできない、そんな状態で生かされるのはたとえ1カ月でも苦に感じます。

 ただし、交通事故で生死の境をさまよい、一定期間の胃ろうをやれば意識が戻りリハビリも行えるという場合や、高齢でも「意思を示せて動けるようにもなる」との見込みがある、あるいは家族が世話をしたいと望むようなケースは胃ろうの選択もありでしょう。

 北欧には寝たきり老人がいません。自分で食事ができなくなった高齢者には嚥下訓練が行われますが、それでも難しい場合に食事の介助はせず、自然に看取るという考え方があるからです。胃ろうで寿命を延ばす行為は虐待とされていますが、私はこの考え方に賛成します。

 日本の医療界には「延命処置を施せば生きられる高齢者を救わないのは犯罪行為だ」との罪悪感があります。家族に「なんとかしてください」と言われて施しますが、数年すると介護疲れがたまり、胃ろうの中止を望まれることもあります。法的に中止が罰せられるわけではありませんが、胃ろうを止めることは本当に勇気がいるものです。「10年20年もの間、面倒をみなければなりません。その覚悟を持てますか?」と問うべきでしょう。あるいは、家族と意見が異なる親戚が「どうして止めたんだ」などと家族の苦労を知らずに詰め寄るケースさえあり、親戚の中で総意の必要もあるでしょう。

 高齢者を入院させる病院の場合、長い期間の治療代を稼ぐために胃ろうを進めるのも珍しいことではありません。

 医療放棄・介護放棄にあたるとも言われますが、長い期間介護をすると、自分の時間は確実に減ります。愛する家族を介護したい気持ちもわかりますが、私個人は家族に迷惑をかけたくない、との考えが根底にあります。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田口淳之介・小嶺麗奈を奈落の底に突き落とした業界の“ジャニーズ忖度”
2
選ぶ男を間違えた?川栄李奈、意味深ツイートが危うくさせる女優イメチェン
3
渡哲也が激怒した石原軍団「解散撤回」までの暗闘(1)異例の取材シャットアウト
4
不仲説は違った!?西野七瀬、乃木坂46白石麻衣とのペア写真公開にファン歓喜
5
大股開きで“黒い部分”も披露!岡副麻希が大胆ハッスルを繰り出すワケ