芸能

芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(2)明石家さんまと徳光和夫のギャラ論争

 タモリと並び「お笑いビッグ3」と称される明石家さんま(63)は、夏の風物詩「24時間テレビ」(日本テレビ系)のギャラ問題を巡って、徳光和夫(77)と舌戦を繰り広げた。日本テレビ関係者が明かすには、

「さんまさんが『チャリティーなのにギャラが出るのはおかしい』と批判したところ、過去にマラソンランナーを務めた徳光さんが『彼を見て一度も笑ったことがない』と応戦。それ以来、雲行きが怪しく、共演NG状態となっています」

 このバトルには後日談があるようで‥‥。

「実は最近、徳光さんの態度が軟化してきているんです。体調不安がささやかれたこともあって、弱気になっているのでしょうか。最近はさんまさんについて『おもしろいよね』と周囲に漏らしています。年内にもバラエティーで共演させて和解の舞台を作ろうと、番組スタッフが交渉を進めています」(日テレ関係者)

 その徳光が、さんまより早く、久しぶりの雪解け共演を果たしたのが、日テレで3期後輩にあたる福留功男(76)だ。かねてから両者には「不仲説」がささやかれていたが‥‥。

 同局の情報番組スタッフが声を潜める。

「今年の『24時間テレビ』で久々に共演を果たした2人ですが、舞台裏ではほとんど会話を交わしていませんでした。というのも、2人の遺恨はかなり根深い。福留さんは日テレ時代から後輩や年下の番組スタッフへの当たりが厳しく、徳光さんはかわいがっていた後輩アナやスタッフからよく愚痴を聞かされてウンザリしていたそうです。福留さんは先輩を立てているものの、徳光さんはいまだに毛嫌いしている様子でした」

 続いて、ベテランの放送作家が挙げるのは、今日まで続くルー大柴(64)の10年戦争だ。

「無名だったルーをブレイクさせたのは、同じ所属事務所に在籍していた関根勤(65)と小堺一機(62)。2人がルーをラジオ番組に呼んだり、テレビマンに『おもしろいヤツがいる』と勧めたことがキッカケで売れたんです。しかし08年にルーが事務所を辞めたことで関係が悪化。以来、ルーとの共演はNGとなっています」

 もっとも、ルー側にも言い分はあるようで‥‥。

「ルーが古巣を離れたのは、売れる前から苦楽を共にしたマネージャーが退社したため。そのマネージャーのあとを追って苦渋の決断を下したそうです。そういう意味では不義理とも言いにくいですよね」(放送作家)

 トゥギャザーしようぜ! とはいかないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
5
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声