芸能

これってあの長谷川豊?「がん検査業者」ウェブサイトにツッコミ相次ぐ!

 キー局を辞してフリーランスに転身。さらには政治家やブロガーとしても活動した元アナウンサーが、今度は経営者へと華麗なジョブチェンジを果たしたのか。元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が「がん検査業者」の社長になったのでは?と、ネット上で話題になっているという。

 その業者は外国人観光客向けに手軽ながん検査を提供することを目的に、8月25日に設立されたばかりの新しい会社。公式サイトの会社概要には「役員:取締役 長谷川豊(代表)」と記載されている。とはいえ同姓同名の可能性も十分あり得るが、ネット民の入念な調査により、どうやら長谷川氏本人であることは確実だというのだ。週刊誌記者が指摘する。

「最も確実な傍証は彼自身の口からもたらされています。昨年9月15日にネット番組『激論!長谷川豊の本気論、本音論TV』にて長谷川氏は、『がんにまつわる大変な動きがそんな遠くない未来にあります』と力説。さらに続けて『そこの社長さんにふぐ料理に連れて行ってもらって、そこと顧問契約させてもらって』と語っていました。ここで言う『そこの社長さん』が外国人旅行者向けのサービスを提供する関連会社を設立し、その代表に長谷川氏が収まったと考えれば辻褄が合うのです」

 一方で、同がん検査業者の公式サイトには、長谷川氏らしい“文章のクセ”が多数見られるという指摘もあるようだ。週刊誌の記者が続ける。

「長谷川氏は多弁な人ですが、そのぶん、文章の詰めが甘いのかブログでもなにかと誤記が目立ちます。この公式サイトでも“ガンドッグ”という単語が何回も出てくるのですが、正しい表記は“ドック”(DOCK)であり、ネット民からは『それじゃ犬(DOG)だろう!?』とのツッコミが寄せられています。また平仮名の“がん”とカタカナの“ガン”が入り混じっているのも、がん専門の業者としてはいただけないところ。医療分野では平仮名の“がん”に統一されていますからね」

 そして最大のツッコミポイントは「代表挨拶」のページに記載されている、英語の誤りだという。

「問題のページには『Prevent Tour(健康を予防する旅行)を』と記載されており、ネット民から『健康を予防しちゃダメだろう!』と至極もっともな指摘が殺到しています。ただ長谷川氏は2010年9月から2年弱にわたってフジテレビのニューヨーク支局に駐在しており、この程度の英語を間違うとは考えづらい。これはむしろ英語というより文字校正の問題であり、ブログでもちゃんと推敲したのかが怪しい文章を連発している長谷川氏ならではとの見方が大勢のようです」(前出・週刊誌記者)

 安価で手軽ながん検査の提供という理念はともかく、まずは公式サイトに散見される数々の誤りを正したほうがいいかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
品川の二の舞に?友近に「パワハラ報道」噴出で「テレビから干される」危機!
2
縦スジも見えた!?フジ久慈暁子、走り高跳びに挑戦で注目された魅惑のヒップ
3
特によしこが心配!?「24時間テレビ」チャリティマラソンにあがった“猛批判”
4
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
5
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?