スポーツ

まさに「野球はバイト」!?新庄剛志、マネージャー撮影写真が“8000万円”の日々

 元プロ野球選手の新庄剛志が9月17日配信の「FLASH」電子版で独占インタビューに応じ、現役時代の優雅な“カネ事情”を赤裸々に語っている。

 新庄といえば、阪神タイガースで人気、実力ともにトップクラスの選手になり、2000年に“5年契約総額12億円”の提示を蹴って、年俸約2000万円でメジャーリーグのニューヨーク・メッツに移籍、帰国後には「これからは、セでもメジャーでもなく、パ・リーグです」という名言を放ち、北海道日本ハムファイターズに44年ぶりとなる優勝をもたらすなど、“記録よりも記憶に残る選手”として知られる。

 現在はインドネシア・バリに在住し、趣味でもあるモトクロスバイクなどを満喫する日々だという新庄は、これまでのキャリアにおける最高月収がいくらかを問われると、「13億円」と即答し、「だってオレがメイクしてたらマネージャーが来て、“こっち向いて”って。向いたら、マネージャーがデジカメで写真を1枚撮ったのよ。それで後になって“さっきの写真は何なの?”って聞いたら、“あれは広告に使う写真です。今ので8000万円入ってきます”って言われて」などと人気絶頂期の豪勢な日々を振り返った。

 また、当時は1週間に3本のCM撮影とテレビ収録に臨み、そのギャラだけでも5~6億円を稼いでいたことも告白。野球選手としての年俸が最高で3億円だったことを踏まえ、「収入だけでいったら野球がバイトみたいな感覚になるのよ」とコメントしている。

「かつて新庄はテレビ番組に出演した際に現役時代を振り返り、『野球なんてマジでバイト』などと発言したことで大きな物議を醸しましたが、野球以外でのスポンサー収入などを考慮すれば、その発言もあながち的外れではなかったということでしょう。ただ、一方で、彼の確かな実力と“劇場型”とも表現された観衆を楽しませようとする姿勢はしっかりと評価されている新庄ですから、ネット上でも今回のインタビュー記事に対して、『色々言う人もいるけど、この人は確かに相当の実力あったし、バイトでメジャーいけるんだから凄すぎ』『新庄は楽しんで野球をやってたように見えたし、華がある選手だった』という好意的な声が並んでいます。中には『アスリートではなく、プロの一軍で野球をやれる実力を持つタレントだったと思えば納得』との反応もあります」(テレビ誌ライター)

 球界を活性化させ、視線を一手に独占してきた新庄。メイク中に振り向いただけで8000万円の広告収入を確保できたというのは、彼の突出した人気ぶりが窺えるエピソードといえるだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」