芸能

前澤友作社長、月旅行会見での自己紹介第一声が「つかみはOK」なワケ!

 アメリカのスペースX社が手掛ける月旅行において、初の民間搭乗者となることが決まったZOZOTOWN創業者の前澤友作氏。9月17日(現地時間)に同社で開催された記者会見に登場した前澤氏は、宇宙船「ビッグ・ファルコン・ロケット」(BFR)第一便の席をすべて買い占め、6~8人のアーティストを月旅行に招待するという壮大なプロジェクト「#dearMoon」を発表した。

 同会見ではスペースXのCEOで、電気自動車メーカー「テスラ」のCEOとしても知られるイーロン・マスク氏が前澤氏を紹介。演台に進み出た前澤氏は10分近くにもわたり、全編英語で今回のプロジェクトについて説明した。その様子についてアメリカ在住歴を持つライターが指摘する。

「何より感心したのは前澤氏の堂々とした振る舞い。笑顔を絶やさず、少しジョークも交えつつ、日本人離れしたスピーチで聴衆を惹きつけました。前澤氏自身が『あまり英語がうまくない』と前置きしたように、時折言いよどむ箇所もありましたが、彼の壮大な計画は確実に伝わったはず。現地の報道では『絵画コレクター』と紹介されていましたが、今回のスピーチにより“顔の見える経営者”になったのは確実です。月旅行に連れていきたいアーティストを口説く時も『あの前澤氏』として認知してもらえるので、話を進めやすいでしょうね」

 その前澤氏、日本では紗栄子や剛力彩芽との交際報道もあって知らぬ人のいない有名人だが、現地では「日本人の億万長者」でしかないのもまた事実。それもあって今回のスピーチでは自己紹介から始めたのだが、その内容が日本人にとっては意表をつくものだったという。

「前澤氏はまず、自分がスケートボードに興じているシーンの写真を紹介。それは18歳の時に半年間、カリフォルニア州サンタモニカを訪れていた時のもので、『アメリカから大きなインスピレーションを受けました。ファッション、音楽、文化、そしてアメリカ人の親切さに』と語ったのです。アメリカでは『私は何者か』を説明することが重要とされており、この切り出し方は大正解。しかもアメリカとの縁を見せることで、日本人の大金持ちが伊達や酔狂で月旅行を買ったのではないことを示すことができました。これが普通の日本人経営者であればまず、ZOZOTOWNがどんな通販サイトなのかを紹介するところから始めるはず。しかし、それではアメリカ人の心はつかめません。誰かのアドバイスなのか、それとも前澤氏自身のアイデアなのかは不明ですが、このスピーチはまさに『つかみはオーケー』となったことでしょう」(前出・ライター)

 今回の記者会見を巡って日本では、月旅行に剛力を連れていくかどうかが話題になっているが、アメリカをはじめ各国では早くも「私を月に連れていってほしい」とアピールするアーティストが続出しているという。どうやらこの月旅行、日本人が思っている以上に海外では注目を集めているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”