女子アナ

竹内アナの「やべっちFC」卒業をファンが悲しむ理由は“下半身”!?

 テレビ朝日の竹内由恵アナが9月30日、10年間にわたって出演してきたサッカー情報バラエティー「やべっちF.C.~日本サッカー応援宣言~」(テレビ朝日系)を卒業。ファンからも別れを惜しむ声が寄せられている。

 ナインティナインの矢部浩之をMCに据え、毎週末のサッカーニュースをハイライト映像や選手・監督へのインタビューなどとともに振り返る同番組において、竹内はテレ朝入社1年目から前任者の前田有紀アナ(当時)の後継人として参戦すると、人懐っこいキャラクターや明るい性分がMCの矢部にハマり、“名コンビ”としてスタジオを盛り上げてきた。

 神妙な面持ちで最後の収録に臨んだ竹内はお別れの言葉として、「入社当初から10年間担当させていただき、自分のアナウンサー人生とともにあった番組です」「すべてをかけて試合に臨んでいる選手の皆さん、試合後のインタビューでは打って変わって純粋な少年のような、恥ずかしそうに(取材に)こたえてくれる姿が魅力的でした」などとコメントし、サッカーを間近で観察してきた思い出の日々を回想している。

「前任者で現在はフラワーアーティストとなった前田有紀からバトンタッチされた際には、竹内アナは、どこか不安な様子もうかがえましたが、すぐにファンのハートをワシづかみできたのは、やはり“肉感的な美脚”にあったのかもしれません。サッカーを扱う同番組ではたびたび女子アナが番組特製のユニフォームを着用する機会がありますが、スリム体型だった前田に比べ、竹内はややグラマラスな体型で、下が丈の短いタイプのユニフォームを着た際に、ボリュームのある美脚が露わになっていて、視聴者をKOしてましたね。その後はネット上でも“竹内アナは痩せないで”という彼女の下半身に翻弄される視聴者が続出し、前田アナにはなかった強みを生かすことができましたからね。今回の卒業についても『脚が太いのが良い』『これからも美脚アナとして活躍してほしい』という声が散見されましたよ」(テレビ誌ライター)

 プライベートではバスケットボール選手との熱愛なども発覚し、真の意味での“アスリート好き”が存分に伝わった格好の竹内アナだが、今後もその笑顔と人当たりの良さで様々な番組のMCを癒やし続けてほしいところだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス