芸能

引退発表の小林恵美に「もったいない」という声が続出する業界的理由!

 グラビアタレントの小林恵美が10月1日、自身のオフィシャルブログ『milky way』を更新し、芸能界からの引退を発表している。

「ご報告」とのタイトルでエントリーされた記事内で、〈私、小林恵美は9月30日をもちまして株式会社サンズエンタテインメントを退社し、芸能界を引退させていただきました〉と切り出した小林は、2002年のデビュー以来16年にわたって活動できたことへの感謝を述べ、〈新しい夢を見つけてそこに向かって頑張っていくためにも、35歳で一つの区切りをつけさせていただくことにしました〉ともコメント。最後にはファンや関係者へ〈今まで本当にありがとうございました!〉とのメッセージを添えている。

 小林といえば、まだ青山学院大学1年生の一般人だった際に当時グラドルの目利きとしては日本一とも謳われたイエローキャブの野田義治元社長に一目惚れされ、初対面から約1週間後にハワイロケに帯同させられるといった“伝説”が語り草となっているが、映画やドラマといった舞台では期待されたほどの活躍は披露できずに終わった印象だ。

「抜群のスタイルと艶やかさを兼ね備える大型新人として野田氏(現サンズエンタテインメント会長)に引き抜かれた小林でしたが、そもそも野田氏の門下生アイドルはどれもバラエティー番組での活動を主戦場としており、常に20代前半のフレッシュなキレイどころを押さえたがる傾向のある新陳代謝の激しいテレビの世界では、なかなか長期にわたっての活躍が困難という面もあります。よって、小池栄子や雛形あきこといった“野田チルドレン”らは劇場公開映画などの銀幕世界に活動の場を移そうと切磋琢磨してきましたが、それが奏功するのはほんのわずかな者だけです。大御所タレントの志村けんのコント番組では器用に立ち回ってきた小林でしたが、あれだけの逸材が、コント番組でしかほぼ印象を残せなかったというのはやはり事務所の戦略に疑問符がついてしまうかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 今回の小林の引退発表についてはネット上からも「引退と素晴らしい身体の封印はもったいない」「仕事をもっと選んでこなせたら、もっと活躍した女優になってた」「所属する事務所が違ったら今とは違う活躍ができたような気がする」「飛び抜けてスタイル抜群なのに事務所の使い方がよくないと思う」との指摘が集まり、みな一様に“もっとやれた”“もったいない…”といった無念があるようだ。

 今後、小林がどのような活動に転じるのかは定かでないが、まだまだ35歳。充実した第二の人生を歩んでほしいところである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”