政治

今井絵理子、社会学者に沖縄知事選敗北の「戦犯ですらない」酷評の“説得力”

「そもそも存在感がない」。これは社会学者でコメンテーターの古市憲寿氏が10月4日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で自民党の今井絵理子議員に言い放った言葉である。

 元神戸市議で妻子ある橋本健氏との交際をブログで認めながらも、“略奪による不貞愛”ではないことは変わらずに主張した今井議員を巡っては、先の玉城デニー氏の勝利に終わった沖縄県知事選において、支援していた佐喜眞淳氏の敗北の戦犯だと「週刊新潮」によって糾弾されていた。

「今井が応援した佐喜眞氏の対抗馬として立ちはだかった玉城デニー氏は、今井と同じく沖縄県出身の元歌手・安室奈美恵からの後押しを受けていたこともあり、今井vs安室といった構図で語られることが多かったですが、古市氏はそもそも今井に沖縄県知事選を左右するだけの影響力がなかったと考えています。番組内でも『今井さんは本当に沖縄選挙の戦犯じゃないです。そもそも今井さんは存在感がないから戦犯でさえもない』と一蹴し、司会の小倉智昭を呆れさせていましたからね」(テレビ誌ライター)

 今井議員といえば、議員キャリアとしての船出のタイミングからすでに大きな失態をしでかしていたことでも知られている。

「2016年夏に当選が確実となるや否や、今井はジャーナリストの池上彰が進行を務める特番の取材で『(沖縄出身ではあるが)12歳からずっと東京で活動し、基地問題に関する現在の状況は分からないため、これから勉強していきたい』と発言してしまい、池上から『沖縄に関してあらかじめ認識を深めた上で立候補したのかと思いきや、“これから勉強します”という話だったんですね。少しびっくりしました』と呆れられてしまったんです。“とりあえず立候補はして、詳しい勉強はあとから”というスタンスにも解釈されかねないこの今井の発言によって、そもそもスタートから今井は沖縄県民の怒りを買っていたため、古市氏の『沖縄県知事選の戦犯ですらない』という言葉は言い得て妙でしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 略奪愛疑惑に戦犯扱い、そして、そもそも“戦犯ですらない”との物言いなど、次々に苦言を集め続ける今井だが、今後は信頼回復に向けて少しずつ歩を進めていく他はないのかもしれない?

(木村慎吾)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後藤真希、「モー娘。時代の安倍なつみとの確執」回想する話しぶりに非難殺到!
2
米倉涼子「リーガルV」、数字が爆増の秘密は共演・菜々緒への“公開処刑”!?
3
同期芸人の助けも求めて…岡村隆史、女子レスラーとの「必死婚活」秘話!
4
活躍するKoki,が批判されるのはしゃしゃり出てくる「母親」が原因か?
5
キンプリが生贄!?「白い巨塔」に岡田准一が起用の“ヤバすぎる裏事情”とは?