スポーツ

広島3連覇も「迷将続投」阪神・巨人の「ホンマでっか!?」(1)情熱や野心が見えてこない

 今年も広島が圧倒的な強さで球団初の3連覇を達成。同じ舞台に立ちながら、かつての人気者たちはそろって前座扱いだった。ヨシノブ監督とカネモト監督がチームを率いて3年。毎年毎年、コイにおいしいところを持っていかれたイロモノ球団の「迷将」が責任も取らずにまさかの続投って、なんでやねん!

 9月12日、東京都内で行われたオーナー会議に初出席した、巨人の山口寿一新オーナー(61)は、今季が3年契約の最終年となる高橋由伸監督(43)の去就に触れ、現時点での私的な意見としてこう話した。

「岡本や吉川ら若手選手が成績を残したのも、監督やコーチ陣が育てようとしたことが大きかったと思っている。(来季も)十分にチームを整えて、腕を振るってもらいたい」

 事実上の「続投宣言」である。

 ところが、そんなオーナーの期待もどこへやら、わずか3日後の15日にはDeNAに敗れ、V逸が確定。24日の阪神戦を引き分けて、自力CS進出と12年連続のシーズン勝ち越しすら逃してしまう体たらくだ。巨人番記者が嘆息する。

「巨人低迷の“ガン”は、間違いなく由伸監督です。とにかく無策で、采配は村田真一ヘッドコーチ(54)や斎藤雅樹投手総合コーチ(53)に任せきり。かといって、やる気を引き出すモチベーターとしてもまったく尽力しておらず、選手とは基本的に没交渉です。山口オーナーは今年7月の就任時に『強い巨人を取り戻していくことが私の役目』と言いましたが、それならばなぜ『続投』なのか‥‥。理解に苦しみます」

 周知のとおり15年オフ、球団は現役続行を希望する由伸監督を無理やり口説いて監督に就任させた。いまだにその負い目があるという。しかし、それを考慮しても「プロの監督としての資格なし」と断じるのは、球界のご意見番で野球解説者の江本孟紀氏だ。

「監督業には、いろんな要素が必要になります。野球をよく知っていること、野球に対する情熱、あるいはチームを強くして名監督になるんだという野心。そういうものが高橋からは見えてこない。『うまくいけばいいけど、ダメでもしょうがない』となぁなぁでやっているから、同じ失敗を繰り返してしまう。プロ野球、ましてやあの巨人の監督ですからね、“やらされている”という空気感では、務まるわけがないですよ」

 続けて、由伸監督の消極性は、チームの弱体化に直結している、と一刀両断する。

「選手にはもっと怒っていい! 別にアホだボケだとかみつく必要はないけど、コトを荒だてたくない、丸く収めたいという人のよさが出すぎている。真剣勝負の世界ですから、勝つためにはチーム内で衝突することも必ず起きてくるはずなのに、それもない。要は、チームにピリッとした緊張感がないから『この試合勝つぞ!』という大一番でも一致団結できずに落としてしまうんです」

 最近では「仲よし内閣」と揶揄されてきた由伸政権が、崩壊の兆しすら見えているというのだ。

「監督ばかりか、斎藤コーチも番記者相手に『皆さんとしゃべるのも今年が最後ですから‥‥』と目がウツロ。ネット上で悪口を書かれていることに落ち込んでいるようで、ベンチをシラケさせています。独り言で『内海じゃねえのにな‥‥』とか『フロントが悪いのにな‥‥』などと、ブツブツこぼしているんです」(日本テレビ関係者)

 まるで笑えない“ボケ”に対して、周囲は「アンタが代え時を間違ったんだろ」と腹の中でツッコんでいるそうだ。

※本記事は週刊アサヒ芸能10月11日号(10月2日発売)に掲載

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”