芸能

「半分、青い。」並にヤバイ?新垣結衣「獣になれない私たち」の不安要素とは!?

 10月8日、新垣結衣主演のテレビドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の脚本家・野木亜紀子氏が、自身のツイッター投稿に批判が寄せられたことに対し、謝罪した。問題の投稿は、ドラマイベントの写真だったという。

「野木氏は7日、出演者によるトークイベントの写真をアップした際、『くじ運の良い人たちの集まり』というコメントを添えていました。これが一部のイベント抽選に外れたと思われる人たちから『イラっとする』などと批判の声が上がり、彼女は『配慮が足りず申し訳ありませんでした』と謝罪する事態となったのです」(テレビ誌記者)

 今回の騒ぎで、野木氏のツイッターには擁護する声が多数寄せられている一方、ドラマファンが集まるネット掲示板では「野木さんは煽り耐性ないのにネットにハマっちゃうタイプか。作品に影響が出ないか心配だ」「彼女みたいな人は、エゴサーチしまくって追い込まれるのではないか?」と懸念の声も上がっている。

 さらに、今年放送されたNHK朝ドラ「半分、青い。」の脚本家・北川悦吏子氏のケースのような炎上騒ぎも心配されているという。

「北川氏といえば、過去にはネットの批判に対しツイッターで反論したり、今年の朝ドラ放送中も『TBS見ればいいんですか? 私は、見ませんよ』と、佐藤健が出演するドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)を意識したツイートをするなどして炎上し、アンチが急増しました。そんな中、野木氏もまた女性脚本家として、頻繁にツイッターを更新しており、思ったことをドンドン発信するタイプであるため、『北川悦吏子のように炎上騒ぎを起こすのではないか』とファンから心配されているのです」(前出・テレビ誌記者)

 今後、ドラマが始まることで、ますますアンチがツイッターで絡んでくる可能性がある。はたしてその時、野木氏はうまくスルーすることができるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美