芸能

加藤浩次、「笹崎里菜アナを“夜の商売”イジリ」で浴びた激賞!

 日本テレビの笹崎里菜アナが10月12日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、司会を務めるお笑いタレントの加藤浩次からかつての“夜の商売”をイジられる一幕があった。

 水卜麻美アナが夏休み休暇を取得中ということもあり、彼女の代役として登場した笹崎アナは冒頭の挨拶として「今朝は私、笹崎里菜がお伝えします。よろしくお願いします」とさわやかに振る舞うと、あまり緊張しない性分であることを明かしつつも、「(今日は)めちゃくちゃ緊張してます」と話し、隣に立つ加藤に、「アナウンス部でも“加藤浩次はスゴイ”って先輩方が言ってました」とコメント。出だしから気分良く“持ち上げられた”格好の加藤は照れ笑いを浮かべ、「そんな褒め殺しはやめてよー」と笹崎アナの転がしテクに舞い上がっていた。

 存在感のある登場を飾った笹崎アナは、続けて「今日はいっぱい勉強します」とあくまで低姿勢なスタンスを強調し、満面の笑みを浮かべると、代打アナウンサーの快調な滑り出しに、加藤も思わず「夜の商売やりすぎじゃないの?あなた」と切り込んだツッコミで応酬したのだった。

 笹崎アナといえば、2015年の日本テレビ入社前に銀座のクラブで夜の接客アルバイトをしていたことが発覚。内定を一時取り消される事態に発展するも、その後に何とか和解したという過去がある。

「笹崎アナの入社前のアルバイト騒動に関してはほぼタブーのような扱いとなっており、そこをイジれるタレントはほぼ皆無です。内定を一方的に取り消した日テレ側と裁判沙汰にもなりましたからね。最終的には入社を果たし、“仕事は与えられるのか?”“絶対干される”との懸念もありましたが、持ち前の根性で切り抜けています。今回のように過去の“夜の商売”騒動を笑いに変えてもらったことで笹崎アナにとっても肩の荷がおりたというような感覚かもしれません。ネットにも『そんな風にイジれる加藤はすごい』『腫れ物にされたままよりは良い』『笹崎は夜の仕事を開き直ってネタにできるようになれば化けるかも』『アルバイト経験が役に立ってる証』『これができるのは加藤だけ』という好意的な反応が多く上がっていますよ」(テレビ誌ライター)

 やはりアナウンス室での“加藤浩次はスゴイ”との噂は本当だったようだ。笹崎アナ自身が肌でそう感じたことだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
5
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?