芸能

「黄昏流星群」佐々木蔵之介&黒木瞳のキスで再燃した“1晩4回”の過去

 10月11日に放送された佐々木蔵之介主演のテレビドラマ「黄昏流星群-人生折り返し、恋をした-」(フジテレビ系)の視聴率が、7.3%だったことがわかった。同ドラマは不貞をテーマにしているが、かつて木曜ドラマでヒットした上戸彩主演「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」のようなヒットは見込めないという。

「不貞をテーマに扱ったドラマ『昼顔』は、当時視聴率13~16%台を記録し、映画化もされるほどヒットしました。しかし近年、芸能人の不貞スキャンダルが世間を騒がせており、ネガティブなイメージが世間に蔓延。そのため『黄昏流星群』の内容に関しても、視聴者から『なぜ今このテーマドラマ化するのか?』と厳しい声が飛び交っています」(テレビ誌記者)

 また第1話では、左遷を命じられた佐々木演じる主人公が、旅先で出会った黒木瞳演じる女性に、いきなりキスを迫るというシーンが描かれた。このシーンが、ある過去のスキャンダルを彷彿とさせると一部視聴者の間で話題になっているという。

「ドラマでは佐々木が、ムードも何もない雰囲気の中、強引に黒木の唇を奪いました。すると視聴者からは『傷心中とはいえ、おじさんが衝動を抑えきれずいきなりキスしてくるのは怖い!』と驚きの声が殺到。そんな佐々木は過去、『フライデー』に女性薬剤師との親密関係をスクープされており、彼女の友人によると佐々木は、1晩で4回も求めてくるほどお盛んだったそう。そのため今回のシーンでは『さすが1晩4回の性豪だ』と、佐々木の過去を思い出し、リアルに感じてしまった視聴者もいたようです」(前出・テレビ誌記者)

 今後も様々な性描写が描かれると思われる「黄昏流星群」。登場人物の心理描写を丁重に描かなければ、再びドン引きしてしまう視聴者が現れるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
「バス旅」太川陽介を唸らせる河合郁人の活躍で川崎麻世に不要論!
5
浅田舞“Eカップ”くっきり“宅トレ”番組が朝から際ど過ぎた!