芸能

「黄昏流星群」佐々木蔵之介&黒木瞳のキスで再燃した“1晩4回”の過去

 10月11日に放送された佐々木蔵之介主演のテレビドラマ「黄昏流星群-人生折り返し、恋をした-」(フジテレビ系)の視聴率が、7.3%だったことがわかった。同ドラマは不貞をテーマにしているが、かつて木曜ドラマでヒットした上戸彩主演「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」のようなヒットは見込めないという。

「不貞をテーマに扱ったドラマ『昼顔』は、当時視聴率13~16%台を記録し、映画化もされるほどヒットしました。しかし近年、芸能人の不貞スキャンダルが世間を騒がせており、ネガティブなイメージが世間に蔓延。そのため『黄昏流星群』の内容に関しても、視聴者から『なぜ今このテーマドラマ化するのか?』と厳しい声が飛び交っています」(テレビ誌記者)

 また第1話では、左遷を命じられた佐々木演じる主人公が、旅先で出会った黒木瞳演じる女性に、いきなりキスを迫るというシーンが描かれた。このシーンが、ある過去のスキャンダルを彷彿とさせると一部視聴者の間で話題になっているという。

「ドラマでは佐々木が、ムードも何もない雰囲気の中、強引に黒木の唇を奪いました。すると視聴者からは『傷心中とはいえ、おじさんが衝動を抑えきれずいきなりキスしてくるのは怖い!』と驚きの声が殺到。そんな佐々木は過去、『フライデー』に女性薬剤師との親密関係をスクープされており、彼女の友人によると佐々木は、1晩で4回も求めてくるほどお盛んだったそう。そのため今回のシーンでは『さすが1晩4回の性豪だ』と、佐々木の過去を思い出し、リアルに感じてしまった視聴者もいたようです」(前出・テレビ誌記者)

 今後も様々な性描写が描かれると思われる「黄昏流星群」。登場人物の心理描写を丁重に描かなければ、再びドン引きしてしまう視聴者が現れるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!