芸能

新垣結衣「けもなれ」にヒットの予感、キーワードは〈ラブかもしれない〉!?

 2016年10月期に放送され“恋ダンス”でも一世を風靡した人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)の野木亜紀子によるオリジナル脚本で、10月10日にスタートした「獣になれない私たち」(日本テレビ系)。

 初回の視聴率は11.5%をマークし、「逃げ恥」の初回(10.2%)を超えたとして、今後の展開に注目が集まっている。

「松田龍平と新垣結衣のW主演で“加速する、大人たちのラブかもしれないストーリー!”という惹句。“心に堅いヨロイを着込んだ男女”が、赤の他人だからこそ本音をぶつけ、傷つきながらも自分らしく足を踏み出す姿を描くラブコメディです。新垣結衣演じる、常に笑顔で仕事も完璧なOL・深海晶が、パワハラ、性的ハラスメントに心をすり減らし、虚無感でいっぱいになる様子や、婚約者がいるのに本気の恋がしたいと願うなど、テーマが満載。SNSには、主人公への共感のほか、ヘビーだけれどおもしろいという声もあがっています」(芸能ライター)

 この芸能ライターは、この「けもなれ」に“ヒットの予感”を認識しているという。

「できるOLである主人公が社長に無理難題を言われ、できない後輩のフォローをし、取引先からはハラスメント、社内の人間関係に気を遣うなど、現代の女性の日常を上手に活写しています。男女の物語となると恋愛にまつわる場面に比重を置きがちですが、広い世代に渡って仕事をする女性が多い現在、1日の中で大きな時間を占め、人生に大きな影響を与えかねない仕事の場面をないがしろにしない姿勢は、幅広い世代から受け入れられそうです」(前出・芸能ライター)

 主人公の公的な顔と私的な顔の両面を上手に描きながら、ラブストーリーと言い切るのではなく“ラブかもしれないストーリー”を突き進むであろうこのドラマ。今後の展開に注目だ。

(伊藤その子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬