芸能

新垣結衣「けもなれ」にヒットの予感、キーワードは〈ラブかもしれない〉!?

 2016年10月期に放送され“恋ダンス”でも一世を風靡した人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)の野木亜紀子によるオリジナル脚本で、10月10日にスタートした「獣になれない私たち」(日本テレビ系)。

 初回の視聴率は11.5%をマークし、「逃げ恥」の初回(10.2%)を超えたとして、今後の展開に注目が集まっている。

「松田龍平と新垣結衣のW主演で“加速する、大人たちのラブかもしれないストーリー!”という惹句。“心に堅いヨロイを着込んだ男女”が、赤の他人だからこそ本音をぶつけ、傷つきながらも自分らしく足を踏み出す姿を描くラブコメディです。新垣結衣演じる、常に笑顔で仕事も完璧なOL・深海晶が、パワハラ、性的ハラスメントに心をすり減らし、虚無感でいっぱいになる様子や、婚約者がいるのに本気の恋がしたいと願うなど、テーマが満載。SNSには、主人公への共感のほか、ヘビーだけれどおもしろいという声もあがっています」(芸能ライター)

 この芸能ライターは、この「けもなれ」に“ヒットの予感”を認識しているという。

「できるOLである主人公が社長に無理難題を言われ、できない後輩のフォローをし、取引先からはハラスメント、社内の人間関係に気を遣うなど、現代の女性の日常を上手に活写しています。男女の物語となると恋愛にまつわる場面に比重を置きがちですが、広い世代に渡って仕事をする女性が多い現在、1日の中で大きな時間を占め、人生に大きな影響を与えかねない仕事の場面をないがしろにしない姿勢は、幅広い世代から受け入れられそうです」(前出・芸能ライター)

 主人公の公的な顔と私的な顔の両面を上手に描きながら、ラブストーリーと言い切るのではなく“ラブかもしれないストーリー”を突き進むであろうこのドラマ。今後の展開に注目だ。

(伊藤その子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ