芸能

カンニング竹山、「企業に豹変謝罪」も許される理由はファンとの“共犯関係”!?

 カンニング竹山が、ヤマト運輸から送信されたLINEを怪しむ内容のツイートをしたのち、わずか1時間後に前言を撤回して謝罪するという一幕があった。

 竹山は10月17日の午前10時38分に「ヤマト便から急にラインが来た」とツイート。「ライン交換も登録もしてないのにラインが来た」と説明したうえで、「本物だとしてもこのやり方は企業としておかしくないか?」と同社のやり方を批判していた。

 それが11時44分には「誤解してた!ヤマトさん疑って申し訳ない!」と謝罪のツイートを発信。「この便利なサービスを利用させていただきます!」と感謝の言葉を伝えたのである。この一連のやり取りについて、芸能記者が指摘する。

「今回の一件を含め、竹山はみずからの誤解や知識不足から生じたトラブルについては即座に謝罪する方針のようです。もともと“怒りキャラ”で知名度をあげ、最近では情報番組のコメンテーターとしても活躍していることから、様々な社会問題に対して意見を表明する機会も増加。そのため今回のように勘違いでの誤爆も増えてしまうことには致し方のない面もあるでしょう」

 今回の謝罪を巡っては「謝れば済む話ではない」「ツイートする前に確認しろ!」といった指摘もあるものの、竹山の素早い対応を評価する声は多いようだ。炎上へと至る前に事態を鎮静化できたわけだが、そんな竹山に対するファンの気持ちについて、芸能記者が続ける。

「怒りキャラにも関わらず、竹山の直言を楽しみにしているファンは少なくありません。それは竹山がファンとの信頼関係を大切にし、いわば『共犯関係』を築くことに成功しているからでしょう。竹山は毎年『放送禁止』という単独ライブを開催しており、ライブの冒頭では観客に対して『ここで聞いたことは絶対にSNSでつぶやかないでください。われわれは共犯者です』との約束を結んだうえで、まさに放送禁止レベルのぶっちゃけトークを繰り広げています。観客はその約束を律義に守り、SNSに『竹山がこんな裏話を暴露していた』という書き込みが広まることもありません。ファンとこれほどの信頼関係を築けている毒舌系の芸人は竹山を置いて他にはいないことでしょう」

 その単独ライブではどんな裏話が繰り広げられているのだろうか?

「私も毎年、単独ライブを楽しみにしているので、内容をお話しすることはできません。ひとつ言えるのは、表に出たら週刊誌に書かれるような激烈な裏話も明かす一方で、竹山自身が『ゴメン、これは本当にヤバいから言えない』と口をつぐむ場面もあること。あえてそこまで明かすことで観客は『さっきの裏話は本当のぎりぎりレベルだったんだな』と、共犯関係を実感することができるのです。そのあたりのサジ加減の絶妙さが、竹山の話芸を裏打ちしているのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

 その単独ライブは、内容の過激さゆえDVDが作られることもない。観客だけが知っている裏話の内容が、実に気になるところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに