芸能

カンニング竹山、「企業に豹変謝罪」も許される理由はファンとの“共犯関係”!?

 カンニング竹山が、ヤマト運輸から送信されたLINEを怪しむ内容のツイートをしたのち、わずか1時間後に前言を撤回して謝罪するという一幕があった。

 竹山は10月17日の午前10時38分に「ヤマト便から急にラインが来た」とツイート。「ライン交換も登録もしてないのにラインが来た」と説明したうえで、「本物だとしてもこのやり方は企業としておかしくないか?」と同社のやり方を批判していた。

 それが11時44分には「誤解してた!ヤマトさん疑って申し訳ない!」と謝罪のツイートを発信。「この便利なサービスを利用させていただきます!」と感謝の言葉を伝えたのである。この一連のやり取りについて、芸能記者が指摘する。

「今回の一件を含め、竹山はみずからの誤解や知識不足から生じたトラブルについては即座に謝罪する方針のようです。もともと“怒りキャラ”で知名度をあげ、最近では情報番組のコメンテーターとしても活躍していることから、様々な社会問題に対して意見を表明する機会も増加。そのため今回のように勘違いでの誤爆も増えてしまうことには致し方のない面もあるでしょう」

 今回の謝罪を巡っては「謝れば済む話ではない」「ツイートする前に確認しろ!」といった指摘もあるものの、竹山の素早い対応を評価する声は多いようだ。炎上へと至る前に事態を鎮静化できたわけだが、そんな竹山に対するファンの気持ちについて、芸能記者が続ける。

「怒りキャラにも関わらず、竹山の直言を楽しみにしているファンは少なくありません。それは竹山がファンとの信頼関係を大切にし、いわば『共犯関係』を築くことに成功しているからでしょう。竹山は毎年『放送禁止』という単独ライブを開催しており、ライブの冒頭では観客に対して『ここで聞いたことは絶対にSNSでつぶやかないでください。われわれは共犯者です』との約束を結んだうえで、まさに放送禁止レベルのぶっちゃけトークを繰り広げています。観客はその約束を律義に守り、SNSに『竹山がこんな裏話を暴露していた』という書き込みが広まることもありません。ファンとこれほどの信頼関係を築けている毒舌系の芸人は竹山を置いて他にはいないことでしょう」

 その単独ライブではどんな裏話が繰り広げられているのだろうか?

「私も毎年、単独ライブを楽しみにしているので、内容をお話しすることはできません。ひとつ言えるのは、表に出たら週刊誌に書かれるような激烈な裏話も明かす一方で、竹山自身が『ゴメン、これは本当にヤバいから言えない』と口をつぐむ場面もあること。あえてそこまで明かすことで観客は『さっきの裏話は本当のぎりぎりレベルだったんだな』と、共犯関係を実感することができるのです。そのあたりのサジ加減の絶妙さが、竹山の話芸を裏打ちしているのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

 その単独ライブは、内容の過激さゆえDVDが作られることもない。観客だけが知っている裏話の内容が、実に気になるところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」