芸能

やしきたかじんを全国区にした大ヒット作詞家・及川眠子が激白(1)「かまわへん」で歌いやすく

 聴けば誰もが口ずさめる多数のヒット曲を持ち、「最後の職業作詞家」と呼ばれる及川眠子氏。やしきたかじん、Wink、そして「新世紀エヴァンゲリオン」のテーマ曲など、今も耳にする機会は多い。個性豊かなアーティストたちを、さらに個性的なクリエーターはどう作詞に結びつけたのか!

 稀代の毒舌タレントにして、関西のカリスマシンガー。やしきたかじんが食道ガンで急死したのは14年1月3日だった。

 そのたかじんと深く関わった作詞家が、及川眠子(ねこ)氏(58)。先頃出版された及川氏の著書「ネコの手も貸したい」(リットーミュージック)には、彼女が手がけたヒット曲の作詞術とともに、たかじんら、アーティストたちとのエピソードがつづられている。

 及川氏はこの「猛獣」とも呼ぶべき浪速の雄と、どう向き合ったのか。

「アルバムに何曲か提供していて、それをたかじんが気に入ってくれたみたい。最初の印象ですか? あんなパンチパーマのガラの悪いおじさんは嫌いですよ、と思いました(笑)」

 及川氏が書いた何曲かを気に入ったたかじんは、シングル曲の詞を書いてほしいと申し入れる。これに及川氏は、きっぱりと注文をつけた。

「たかじんは大阪をテーマにした、ずっと同じテーマでやっていた。だから『私はあなたのご機嫌を取るつもりはなくて、あなたを売りたいの。それが嫌ならどうぞ、降ろしてください』と。私は彼を『全国区』にしたかった」

 それまでのたかじんは「やっぱ好きやねん」や「あんた」など、大阪系の泣きのバラードが好評を博していた。それを及川氏は「2~3万枚のローカルヒット」と見なし、作曲家(川上明彦)も編曲家(川村栄二)もみずから連れてきた。

 そして、たかじんの20枚目のシングルとして発売されたのが、「東京」(93年3月25日)。タイトルもそうだが、ピアノに始まるラテンのリズムも、これまでと一線を画していた。

「タイトルが『東京』でも、歌詞はやはり大阪弁だけど(笑)。大阪の人は『かまへん』って言うけど、そこは『かまわへん』にしたの。『わ』が入ることによって、たかじんも歌いやすくなったみたい。ただ、そのあとに『かまわへんよ』って『よ』が入っていたけど、これは『歌いにくかったら取ってええか』と言ってきた」

 余談だが、たかじんはスタッフに「あの子は関西弁の使い方がうまいなぁ」と感心していたという。実は及川氏が和歌山市の出身であるということを、知らなかったらしいのだ。

 さて、「東京」はちょうどたかじんの東京進出とも重なり、60万枚を売る最大のヒット曲となる。

「男の人がタンバリンを持って歌える歌が、敏いとうとハッピー&ブルーの『星降る街角』以来だったという説もあるわね。ただ、たかじんも新しい路線にいくことには不安もあったみたいで、その3カ月後の6月25日には、バラード調の『さよならが言えるまで』を準備させられましたけど」

 たかじんの繊細な一面が見て取れるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」