芸能

やしきたかじんを全国区にした大ヒット作詞家・及川眠子が激白(1)「かまわへん」で歌いやすく

 聴けば誰もが口ずさめる多数のヒット曲を持ち、「最後の職業作詞家」と呼ばれる及川眠子氏。やしきたかじん、Wink、そして「新世紀エヴァンゲリオン」のテーマ曲など、今も耳にする機会は多い。個性豊かなアーティストたちを、さらに個性的なクリエーターはどう作詞に結びつけたのか!

 稀代の毒舌タレントにして、関西のカリスマシンガー。やしきたかじんが食道ガンで急死したのは14年1月3日だった。

 そのたかじんと深く関わった作詞家が、及川眠子(ねこ)氏(58)。先頃出版された及川氏の著書「ネコの手も貸したい」(リットーミュージック)には、彼女が手がけたヒット曲の作詞術とともに、たかじんら、アーティストたちとのエピソードがつづられている。

 及川氏はこの「猛獣」とも呼ぶべき浪速の雄と、どう向き合ったのか。

「アルバムに何曲か提供していて、それをたかじんが気に入ってくれたみたい。最初の印象ですか? あんなパンチパーマのガラの悪いおじさんは嫌いですよ、と思いました(笑)」

 及川氏が書いた何曲かを気に入ったたかじんは、シングル曲の詞を書いてほしいと申し入れる。これに及川氏は、きっぱりと注文をつけた。

「たかじんは大阪をテーマにした、ずっと同じテーマでやっていた。だから『私はあなたのご機嫌を取るつもりはなくて、あなたを売りたいの。それが嫌ならどうぞ、降ろしてください』と。私は彼を『全国区』にしたかった」

 それまでのたかじんは「やっぱ好きやねん」や「あんた」など、大阪系の泣きのバラードが好評を博していた。それを及川氏は「2~3万枚のローカルヒット」と見なし、作曲家(川上明彦)も編曲家(川村栄二)もみずから連れてきた。

 そして、たかじんの20枚目のシングルとして発売されたのが、「東京」(93年3月25日)。タイトルもそうだが、ピアノに始まるラテンのリズムも、これまでと一線を画していた。

「タイトルが『東京』でも、歌詞はやはり大阪弁だけど(笑)。大阪の人は『かまへん』って言うけど、そこは『かまわへん』にしたの。『わ』が入ることによって、たかじんも歌いやすくなったみたい。ただ、そのあとに『かまわへんよ』って『よ』が入っていたけど、これは『歌いにくかったら取ってええか』と言ってきた」

 余談だが、たかじんはスタッフに「あの子は関西弁の使い方がうまいなぁ」と感心していたという。実は及川氏が和歌山市の出身であるということを、知らなかったらしいのだ。

 さて、「東京」はちょうどたかじんの東京進出とも重なり、60万枚を売る最大のヒット曲となる。

「男の人がタンバリンを持って歌える歌が、敏いとうとハッピー&ブルーの『星降る街角』以来だったという説もあるわね。ただ、たかじんも新しい路線にいくことには不安もあったみたいで、その3カ月後の6月25日には、バラード調の『さよならが言えるまで』を準備させられましたけど」

 たかじんの繊細な一面が見て取れるのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
4
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!
5
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた