芸能

「炎上から救われた」立川志らくがダウンタウンに感謝している理由とは?

 落語家の立川志らくが10月21日放送の「八方・陣内・方正の黄金列伝」(読売テレビ)に出演し、バラエティー番組で活躍する現在の自身の“辛口キャラ”が人気お笑いコンビのダウンタウンによって作られたものであることを告白している。

 言いたい放題の物言いの性分がウケ、情報番組のコメンテーターを筆頭に様々な分野で異才と“毒”を発信している立川志らくだが、当初はテレビ番組やバラエティタレントを見下していたとも明かし、「『笑点』(日本テレビ系)もバカにしまくってた」と振り返るも、いざバラエティの仕事に取り組むとその印象は180度変わり、「(出演者が)命がけでおもしろいことをぶつけてくる。台本もないのに。それに気付いた時、この人たちスゲー、即興の大喜利やってるって思った」と語っている。

 また、とある番組出演時に“態度のふてぶてしさ”が原因で炎上したことがあり、その失敗経験が物言いキャラとしての活動の足かせとなっていたとも回想すると、そんな自分を救ってくれたのがダウンタウンだったという。

「ダウンタウンの番組に出て、私が毒を吐いたら、あの2人が全部ギャグに変えてくれた。そしたら見てる人が“こいつおもしれぇな”ってなって、いろんな番組に引っ張られた」と明かし、現在の毒吐きキャラが誕生する経緯を説明した。

「立川志らくのように辛口なコメントが暴走した際、それを制止したり、おもしろく噛み砕いてくれるツッコミの役が必要になりますが、長年にわたって言葉の芸を鍛え上げてきた落語家に絶妙なツッコミを放つことのできる芸人はそう多くは存在しないでしょう。キワモノから大御所まで様々な超個性派を扱ってきたダウンタウンだからこそできた芸当ですね。彼らは立川以外にも歌手の西川貴教や俳優の東幹久といったタレントにバラエティの道しるべを提供し、女優の泉ピン子といった扱いが困難に思える大御所ともうまく絡んできました。普段はボケの松本も大勢が集うバラエティではツッコミに回る器用さがあり、どつきの浜田と言葉遊びの松本という2つのアングルからゲストの潜在的なおもしろさをえぐり出す能力に長けています」(テレビ誌ライター)

 不貞騒動で世間からのバッシングを浴びていたタレントのベッキーや俳優の袴田吉彦らが、ダウンタウンの番組に出演したことをキッカケに新たな魅力を作り上げることができたのも決して偶然ではない。

 放置すれば“変わり者”だが、一言のツッコミを施すことでたちまち“人気者”に変わる。どうやら情報番組をにぎわす立川志らくもそんなダウンタウンの魔法によって誕生した彼らの“作品”のひとつだったようだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?