芸能

山里亮太、しずちゃんを“嫌うあまり”消去したモノに共演者ドン引き!

 いくらコンビ仲が悪かったことで知られるとはいえ、これはさすがに許されることではないだろう。10月20日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系)にて南海キャンディーズの山里亮太が明かしたエピソードに、さすがのお笑い好きもドン引きしたという。

 この日は人気企画の「コンビ愛確かめ選手権」に南海キャンディーズが参加。ここで“一番仲が悪かった頃のエピソード”がテーマになると、山里は〈台本からしずちゃんのセリフを消していた〉という過去を告白したのだ。しずちゃんが映画「フラガール」出演などで売れていた頃、「あまりバラエティできないぞという空気を出すために絶対にしゃべらせないでおこう」と考えた山里は、番組の台本をあらかじめ入手。しずちゃんに話題が向きそうな場面では「事前に全部、自分でオチが作れるようにエピソードを作って、自分で落として、次の人に振る」という作業を実践していたというのである。

「その話を聞いたしずちゃんは苦笑いとも困惑ともつかない複雑な表情に。そして『台本(の件)までは知らなった』と前置きしつつ、『話を振ってくれないとは思っていた』と明かしたんです。その上で仲直りしたきっかけを問われると、しずちゃんは『仲直りはまだしてない』と断言。それに対して山里が、犬の話題で会話をしたとのエピソードを口にすると、しずちゃんはきょとんとした表情で『い、ぬ?』と返し、二人の遺恨が収まっていない様子を示していました」(テレビ誌ライター)

 この爆弾エピソードには、司会の矢作兼も「“しずちゃん潰し”してたんだ?」とビックリ。隣に座っていたダイアン・津田篤宏は、山里とNSC大阪校22期の同期ながら、明らかにドン引きの表情を見せていた。そんな山里のカミングアウトについてお笑い系のライターが指摘する。

「二人の仲が良いかと問われれば疑問ですが、今回のやり取りはみごとなコンビ芸と言えるでしょう。山里の激白はどこからどう見ても、山里が100%悪者になることは明らか。そこをあえて自分が道化師になるのは、番組MCなどでも活躍する現在の活躍あってこそです。一方でしずちゃんは、かつては女優としてドラマや映画に多数出演し、ボクシングでは五輪強化選手にも選ばれましたが、現在は女優としての活動はめっきりと減り、ボクシングも2015年に現役を引退。ピン芸人としての活躍も少なく、山里との力関係はすっかり逆転しています。そんな状況の中、二人とも相方がいたから自分の成功があると自覚しており、それが今回のような“ディスり芸”を可能にしているのではないでしょうか」

 どうやら南キャンに限っては、二人が仲の悪さをアピールする限り、コンビ芸としての完成度が高まるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…