社会

趣味のランニングはガンになりやすい?なりにくい?

 最近イギリスの専門誌が定期的にランニングすることでガン予防になると発表した。しかし、その一方で、激しい運動を習慣的に行っている人はガンになりやすいと警告を鳴らす医師もいる。いったいどっちが正しいのか。

 まず、定期的な運動の効果を発表したのはイギリスの専門誌「British Journal of Cancer」。誌の研究によれば「もっともアクティブな人」(週に5、6時間早足で歩くくらい)は、「もっともアクティブではない人」(週に30分歩くくらい)と比べて大腸ガンになる可能性が24%低かったという。また女性では乳ガンになるリスクが30%低かったとも伝えている。つまり、定期的にランニングすることも、ガン予防になるといえそうだ。しかし佐藤玄徳内科クリニックの佐藤玄徳院長は、こう警告している。

「ランニング、テニスなどの激しいスポーツは、ガン細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞の活性を低下させる恐れがあるといわれています。実際、2時間半のランニング後にNK細胞の活性が50~60%低下したという報告もされているんですね」

 “スポーツをしていれば健康的で、ガンや病気になる可能性は低い”というのはイメージ先行の誤った思い込みだとも──。では、激しい運動は害になるのか。

 ここで、アメリカでの研究成果に目を向けると、ハーバード大学の研究を見では「週3時間以上のウォーキング」をしている人たちのガン再発・転移、死亡のリスクはそうでない人より57%も下がっていたという。そして、アイオワ州立大学のダック-チャル リー助教(運動生理学)ら研究チームの調査によれば、毎日5~10分程度の短時間のランニングや、時速10km程度のゆっくりとしたランニングで、心臓疾患や死亡のリスクを3~5割軽減することができたというのだ。

 確かに前出の「British Journal of Cancer」誌の研究でも“早足で歩くくらい”が、ガン予防になるとのことである。

 大切なのは、その人に合った運動。過度な運動は避け、ソフトなランニングやウォーキングを続けること。これが大きな健康効果を生み出すようだ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
3
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
4
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)