芸能

藤田ニコルが緊迫!「ナメクジ食べたことあるけど…」告白の一部始終

 藤田ニコルが11月7日、自身のツイッターを更新。〈ナメクジ食べた人亡くなってしまったの…?私もナメクジ食べた事あるけど…〉とつぶやいた。

 これは、オーストラリア・シドニーに住む男性が8年前、ふざけてナメクジを食べたところ、数日後、ナメクジの寄生虫による「広東住血線虫症」を発症。8年間の昏睡状態の末、11月2日に亡くなったというニュースを受けてのものだった。

「藤田の本業はモデル。だが好奇心旺盛なうえに怖いもの知らずの無鉄砲な性格を買われ、バラエティー番組に進出し、たちまち人気者になりました。で、番組の企画でタランチュラなどの昆虫やオオマリコケムシ、ナメクジを食べたことがあるんです。食あたりなどの健康的な被害は起こしておらず、今に至っていますが、さすがに他人事と思えず、思わずつぶやいてしまったようですね」(芸能ライター)

 問題の「ナメクジ」については、昨年から出演しているバラエティ番組「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)の「有吉のキモウマグルメ」コーナーでの実体験だったという。

 藤田が食べたのは、マダラコウラナメクジというヒョウ柄の巨大ナメクジで、寄生虫を持っていることから湯引きして実食した。ツイッターには、その時の場面写真がアップされ、状況が一目で分かるリプライも届いた。〈湯引いたから大丈夫〉というつぶやきもあり、その時のことを思い出した藤田は〈生で食べたんだ!それはやばい!私は煮沸とかちゃんと調理してた!〉とコメント。すると、〈オーストラリアのナメクジは大きいし、あのナメクジは寄生虫がいるからね。ニコルは湯引きして食べたし、詳しい人が立ち会って料理してるから大丈夫だよ。無知で素人がやったら危険やけど〉とホッと一安心のコメントも。

「そうだよね~。観たよ。一歩間違えば死んでたんだから、番組に文句いいな!」「でも一歩間違えたら亡くなってしまうから、にこちゃんもテレビとはいえ気をつけてね」と心配する声も少なくなかった。

 ニュージーランド生まれの藤田は3歳の時に両親が離婚、母とともに帰国。スナックママとして稼ぐ母親との暮らしはかなり貧しかったという。ナメクジにも果敢に挑む突撃精神はその時に生まれたようだが、くれぐれも健康には気を付けていただきたい。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白