女子アナ

徳永有美「カミカミ出戻りアナ」ぶりに大ブーイングとなった夜!

 雨宮塔子、テレ東・大江麻理子アナ、有働由美子と、色づく紅葉のように夜ニュースを彩る熟年女性キャスターのラインナップに名を連ねたのが、「報道ステーション」の徳永有美だ。

 スポーツ紙デスクが打ち明ける。

「放送開始時に行われたマスコミ懇親会の場でナマ拝見しましたが、13年ぶりとは思えない遜色の衰えない美白、2児の母とは思えない美貌は健在でした。ただ、スポーツ担当の竹内由恵アナは『これから親睦を深めていきたい』と話すなど現役局アナとのギャップがあるのを感じましたね。始終ニコニコ明るかったですが『そもそも何で今さら復帰?』と報道陣の反応は冷ややかでした」

 昨年1月からAbemaTVに密かに出演していたかと思うと、虎視眈々と現役復帰を狙っていたのは間違いないが、報道陣のそんな“懸念”からくる“不安”が的中したのがさる11月1日に行われた、SBホークスVS広島カープの日本シリーズ第5戦での出来事だった。テレ朝関係者があきれ顔で振り返る。

「熱戦の末、中継は延長、報ステの放送時間になだれ込んだのですが、その仕切り直しを徳永が担当した。ところがその第一声で『福岡ヤクオフ、ドーム』と思いっきり噛んでくれたんです。しかも、慌てて言い直そうとして、ふたたび『ヤクオフ』と2度トチリ。今時の新人アナでも2度噛みはしない。前任の小川彩佳アナがいかに優秀だったか身にしみます」

 別のテレ朝関係者があとを引き取って言う。

「徳永が局アナ時代に担当していたのはバラエティが多かったし、そもそもアナウンス技術が高かったわけでもない。現場ではいくらお子さんの子育てがひと段落したからとはいえ、今さら何で出戻ってきたんだという不満の声が上がっています。それにかつて不貞、略奪婚で局を去ったイメージはいまだに覚えている主婦層は多い。何かあれば批判の的になるのは確実だと思うのですが…」

 ヤラセ騒動で炎上した「イッテQ」に続いて、徳永カミカミ節で「報ステ」もそのうち炎上したりして!?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
5
真っ赤ルージュでおクチを開き…千眼美子、「おしゃぶり顔」が艶すぎと大反響