女子アナ

徳永有美「カミカミ出戻りアナ」ぶりに大ブーイングとなった夜!

 雨宮塔子、テレ東・大江麻理子アナ、有働由美子と、色づく紅葉のように夜ニュースを彩る熟年女性キャスターのラインナップに名を連ねたのが、「報道ステーション」の徳永有美だ。

 スポーツ紙デスクが打ち明ける。

「放送開始時に行われたマスコミ懇親会の場でナマ拝見しましたが、13年ぶりとは思えない遜色の衰えない美白、2児の母とは思えない美貌は健在でした。ただ、スポーツ担当の竹内由恵アナは『これから親睦を深めていきたい』と話すなど現役局アナとのギャップがあるのを感じましたね。始終ニコニコ明るかったですが『そもそも何で今さら復帰?』と報道陣の反応は冷ややかでした」

 昨年1月からAbemaTVに密かに出演していたかと思うと、虎視眈々と現役復帰を狙っていたのは間違いないが、報道陣のそんな“懸念”からくる“不安”が的中したのがさる11月1日に行われた、SBホークスVS広島カープの日本シリーズ第5戦での出来事だった。テレ朝関係者があきれ顔で振り返る。

「熱戦の末、中継は延長、報ステの放送時間になだれ込んだのですが、その仕切り直しを徳永が担当した。ところがその第一声で『福岡ヤクオフ、ドーム』と思いっきり噛んでくれたんです。しかも、慌てて言い直そうとして、ふたたび『ヤクオフ』と2度トチリ。今時の新人アナでも2度噛みはしない。前任の小川彩佳アナがいかに優秀だったか身にしみます」

 別のテレ朝関係者があとを引き取って言う。

「徳永が局アナ時代に担当していたのはバラエティが多かったし、そもそもアナウンス技術が高かったわけでもない。現場ではいくらお子さんの子育てがひと段落したからとはいえ、今さら何で出戻ってきたんだという不満の声が上がっています。それにかつて不貞、略奪婚で局を去ったイメージはいまだに覚えている主婦層は多い。何かあれば批判の的になるのは確実だと思うのですが…」

 ヤラセ騒動で炎上した「イッテQ」に続いて、徳永カミカミ節で「報ステ」もそのうち炎上したりして!?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス