スポーツ

伝説のプロ野球バカ本がヤバすぎる(2)堀内恒夫は裏金を暴露

 暴露はシモの話だけにとどまらない。堀内恒夫(70)は巨人で投手コーチに就任した直後に出した自伝「オレは悪太郎」(ベースボール・マガジン社・84年)で、ヤバすぎる「裏金告白」まで行っている。

〈契約金は1800万円だった。そして、いまだから書けるが、オヤジはその他に500万円を球団からもらっている〉

 堀内入団の66年当時は、大卒初任給が約2万5000円。今の貨幣価値に換算すると4000万~5000万円くらいだろうか。さすが悪太郎、怖いものなしだ。

「とにかくノーガード。別にしなくていい話を載せているのが、レジェンドバカ本の醍醐味です。今となっては、法やモラルに抵触するエピソードだらけですよ」(長谷川氏)

 例えば2000年刊のデーブ大久保(51)の「一発逆転」(新潮社)には、デーブが晴れて指名を勝ち取ったドラフト当日のこんなエピソードが記述されている。

〈「疲れたよな。長い一日だった‥‥」気取った顔で祝い酒をグイと飲み、煙草に火をつけた〉

 ひと言付け加えると、デーブは、高卒プロ野球選手である。まあ、これくらいはかわいいもの。板東英二(78)がすでにタレント活動していた86年の著書「板東英二の金はこうして儲けるんや」(主婦と生活社)などはもっとひどい。なにせ、第3章の見出しが〈社長になって“脱税”せえへんか〉である。板東のサイドビジネス好きや銭ゲバっぷりは有名だが、12年末には脱税騒動から芸能活動自粛の憂き目にあっているだけに、味わい深さは相当なものだ。

 同僚へのバッシングから明かされる、チーム内の関係性や秘密の暴露という点でも、「バカ本」は注目に値するメディアである。「陽気なガイジン」のイメージで人気を誇ったウォーレン・クロマティ(65)は、引退後の91年に出した「さらばサムライ野球」(講談社、R・ホワイティングとの共著)で、現巨人監督の原辰徳氏を辛辣に批判しているのだ。

〈何より原の態度が気に入らない。たいした選手でもないくせに〉

〈ウエイト・トレーニングでもやればずっとパワーが増すのに、ひたすらコーチの言うなりで、しょっちゅう鏡ばかり見ている〉

 ただ、結局のところ、酷評の最大の理由が、

〈一番不愉快なのは、俺より人気があることだ〉

 とオトコの嫉妬だったことはご愛敬か。

「衝撃の告白、という点では、西本聖(62)の『さらば巨人軍』(アイペック・89年)も見逃せません。14年間在籍した巨人から中日に移籍したその年、しかもシーズン開幕直後に出版された本で、古巣の巨人を北朝鮮に、自身を脱北者にたとえて、当時のコーチも実名で批判するスゴい内容なんです」(長谷川氏)

 西本が本書の冒頭から〈拝啓、巨人軍様〉と書き出した一文がこれだ。

〈ぼくの心はウソのように晴れわたっています。誤解を覚悟で言えば、赤い国から抜け出た人間が母国を振り返った時、きっとこんな思いを抱くのではないか〉

 西本本人にしてみれば、巨人在籍時によほどきつく統制され、言いたいことも言えない環境に置かれていたと訴えたいのだろう。本編でもコーチやライバル・江川卓との確執、移籍に至る全経緯を事細かに記している。追い出された者の執念を感じる一冊である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは
2
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
3
「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
宮沢りえ 夫・森田剛の“看護師ハラスメント”一部始終(2)「たいていの女は喜ぶのに」