芸能

審査員がブチギレ!「M-1」史上最も低い点数を叩き出したコンビとは?

 12月2日、漫才日本一を決めるバラエティ番組「M-1グランプリ2018」(テレビ朝日系)が放送される。今回、決勝進出コンビの中で、トム・ブラウンが大きな注目を集めているという。

「今大会では、唯一、吉本所属でないトム・ブラウン(ケイダッシュステージ所属)というコンビが注目されており、土田晃之はラジオで『ちょっと気持ち悪い2人組なんですよ。坊主のごっつい奴と、ロン毛の気持ち悪い2人』『でも普通におもしろい』と評価。また先輩のオードリー・若林正恭も『楽しみだわ。こんな嬉しいこと初めてぐらいかも』と、かなり期待を寄せているようです」(テレビ誌記者)

 だが、ナインティナイン・岡村隆史は「“上沼さん物件”じゃないか」と語っており、トム・ブラウンは異色の芸人であるため、昨年、審査員の上沼恵美子にネタを酷評されたマヂカルラブリーの再現になるのではないかと予測している。

 そんな上沼といえば、16年には、どつき漫才のカミナリに81点、17年のマヂカルラブリーに83点という低い得点をつけたことが話題になったが、過去にはそれを大きく下回る点数を付けた審査員もいたという。

「02年、立川談志がスピードワゴンのネタに対し50点を付けたことがあります。その時は『うーん、悪かったな、悪かったよ。行っても60かな。ちょっとオレ、…』と言って“下半身ネタが嫌い”だということを伝えつつ不快感を露わにし、スタジオが凍りつく事態に。また01年の第1回大会では、松本人志がチュートリアルに50点という低評価を下し、のちに徳井義実は『日本全国におもしろくないヤツと認識された』『もうやめた方がエエかもしれん』と、影響力がある松本に低い点数を付けられたことで、引退を本気で考えたと語っています。他にも島田紳助が、おぎやはぎに50点を付けたこともあります」(前出・テレビ誌記者)

 はたして今年の審査員は、決勝進出コンビにどのような評価を下すのか。その部分も視聴者から大きな注目を集めそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!