芸能

新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは

 連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の第9話が12月5日に放送され、視聴率は7.1%だった。第1話こそ11.5%と、「話題性があった」ことは示せた結果になったが、第2話からは8.5%、8.1%、6.7%、8.3%、10.8%、8.6%、9.9%と、ほとんどがひとケタ台。主演の新垣結衣をはじめ人気俳優たちを集結させたにもかかわらず…の惨敗続きだ。第9話では、とうとう新垣扮する晶と松田龍平扮する恒星がキスしてからベッドで重なり合う、という急展開だったが…。SNSでは、こんな反応が目についた。

〈孤独を埋め合う2人ですか〉〈全然キュンキュンしなかった。なんか残念なものを見せられたかんじ。初めて最終回直前で視聴やめるドラマになりそう。。。〉〈個人的には、2人の距離は先週のまま、くっつかないでほしいと思っていた。でも、今回の流れだったら、許す(笑)。この後は、恋人同士にはならないで、終わってほしい〉〈くっつきそうで、くっつかないほうが個人的には良かったかな なんかありきたりでつまらないです〉

 さらには〈先週が最終回だったら幸せな気分で終われたのに〉という痛烈な批判もあった。ドラマ関係者はこう語る。

「“けもなれ”のスタッフは、今回のドラマの戦犯探しに躍起になっているようですが、やはり脚本家の野木亜紀子氏オリジナルの脚本が複雑すぎるということに尽きるのでは。ラブストーリーではなく、社会派ドラマではという意見も出るほどです。そして、メインキャスト全員がそれぞれに“重い十字架”を抱えて生きている設定が、ガッキーの笑顔や『逃げ恥』の時のような軽いタッチを望むファンから嫌われたのではないでしょうか」

 07年に公開された新垣主演の映画「恋するマドリ」との関係を指摘する声もあった。

「この映画でも『けもなれ』と同様、新垣・松田・菊池凛子が共演していますが、お世辞にも話題作になったとはいえず、興収的にもパッとしなかった。なぜまた同じキャスティングなのか?という疑問も拭えません。制作サイドがあの映画を気に入っていたんですかね」(前出・ドラマ関係者)

 いずれにしても3人の持ち味を引き出せていなかったのは確かなようだ。

「ネットでは、《このドラマは基本的に感情が変だ》《共感している方の感想も批判してる方のそれも、どららも納得》という声がみられるように、視聴者が登場人物の心情やストーリー展開を把握するだけで、かなり体力を消耗しまっているのがみてとれます。その流れでベッドシーンがあっても、共感できないということが否定的な声の理由なんでしょうね」(前出・ドラマ関係者)

 ちなみに、先日に発表された、カップル向けペアジュエリーブランドなどの企画・製造・販売会社が実施した「理想の彼氏彼女のイメージに合う芸能人」では、第1位に田中圭&新垣結衣が輝いた。ドラマの最終回もこの結果を鑑みて、文字通り、新垣と田中の2人が元さやに納まり、“獣になれない”まま、終わりを迎えたほうが無難か!?

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え