政治

安倍論文(3)「ダイヤモンドVS真珠」対決

 壮大とも言える「日米印豪同盟」。なるほど、この4地域を線で結ぶと、巨大なダイヤモンドの形となる。しかし、なぜハワイまで入ってくるのか。外交ジャーナリストによれば、

「数年前に中国の政府高官がアメリカの閣僚に『将来的に太平洋を半分ずつ分け合いましょう』と持ちかけたことがあるからです。ハワイを境にして太平洋を東西に分割し、西側を中国が支配したいとの野望を持っているということですよ」

 何ともずうずうしいもくろみ。これも封じておく必要があるのだ。

 安倍総理と親交があり、中国問題に詳しい評論家・西村幸祐氏は、ダイヤモンド構想についてこう話す。

「総理は組閣前からすでにこの構想を練り、見通しを立てていました。(1月末に開幕する)国会の施政方針演説に、こうした内容が登場すると思われます」

 前出・外交ジャーナリストは言う。

「中国の作戦は、フィリピンからマラッカ海峡を通ってインドに至るまで海上の島々を点々と押さえて拠点を作っていき、真珠の首飾りのような形にして支配するというもの。安倍ダイヤモンドVS真珠の戦いです」

 中国がもくろむ真珠作戦は、実は06年に麻生副総理が外相時代に講演した「自由と繁栄の弧を作る」という演説とも真っ向から対立する。日本から南下してベトナム、カンボジア、インドネシアを通ってインド、中東、さらにはトルコ、東欧、バルト諸国へとつなぐ経済協力の「弧」を描くという外交だ。これはまさしく東シナ海からインド洋にかけての中国包囲網と合致し、中国の真珠とも重なっているからだ。

 さて、安倍総理の構想はさらに具体性、過激性を増していく。再び論文を追っていこう。

〈私はまた、アジアのセキュリティを強化するための関係を築くべく、イギリスとフランスを同じステージに誘いたい。海洋民主主義国家・日本の、世界における役割は、彼らの新たな存在によって、いっそう楽になる。イギリスは依然として、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドとの5カ国防衛取り決めに価値を見いだしている。日本をこのグループに参加させて毎年このメンバーと話し合いを持ち、小規模軍事演習にも加わりたい。タヒチのフランス太平洋海軍は、きわめて少ない予算で展開しているが、やがてその重要性を増してくるだろう〉

 これは将来的な「実力行使」を見据えた実戦的訓練と言っていいようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然