芸能

広瀬アリス、仲睦まじい姉妹でも一線を画す“広瀬すず対策”とは?

 女優の広瀬アリスが12月8日、東京都内で催された「広瀬アリス 2019年度カレンダー」の発売イベントに出席し、今年の活躍ぶりについて「とにかくよく走った。最高の1年」だったと総括している。

 黒髪を束ねたお馴染みのポニーテールで決め、白のレースがまぶしいワンピース姿でイベントに参加した広瀬アリスは、今作のウリについて尋ねられると、カレンダー撮影では「ありのままの自分を出したいと(昔から)思っていて、そこは(今作も)変わらない」と語り、「かなりメイクもナチュラルです」とあくまで“素の状態”に近付けるよう臨んだと明かすと、出来栄えについても自信満々に「100点です!」と答えた。

 また、NHK朝ドラ「わろてんか」やドラマ「探偵が早すぎる」(日本テレビ系)など、2018年も多くのテレビ、ドラマ、映画で活躍したアリスだが、彼女自身も手応えは抜群だったようで、「今年1年はとにかくよく走った。最高の1年」と総括。もしも休みが与えられたら「ずっと家に居たい。1日中ソファーから動かない。そんな生活がしたい」とも話し、人気若手女優としての多忙ぶりが窺えるものとなった。

「メジャーな大作映画やCMへの出演本数では妹の広瀬すずに負けてしまっているアリスですが、そもそもタレント活動を開始したのは姉のアリスが先で、彼女のおかげで広瀬すずがスムーズに芸能界入りできたという経緯があります。よって、現在のすずの凄まじい人気ぶりにはアリスも発破をかけられている状態でしょうが、映画『新宿スワンII』では夜の店で働く嬢の役を、そして“食と性”をテーマにした最新作『食べる女』でもアグレッシブな大人の女をそれぞれ演じるなど、清純派の役柄を演じることが多い妹のすずとはうまく一線を画して住み分けをしている印象です。アリスもすずが台頭するまでは学生服を着た清純派としていくつかの作品に登場していましたが、妹と同じことをしていてはさすがに食われてしまうと危機感を覚えたのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 定期的に開催されるツイッターのライブ配信では、妹のすずと仲睦まじくじゃれ合う様子をお披露目し、“ありすず姉妹”のファンからは好評を博しているものの、いざ銀幕やテレビ画面の中では巧みに住み分け、妹とは異なる戦術で芸能界を生き抜こうと懸命に戦っているようだ。

 そんな広瀬アリスが2019年も走り続けられるよう健闘を祈りたい。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬