芸能

「2019年ブレイク予測」吉岡里帆の“好感度V字回復”のカギとは!?

 2018年は吉岡里帆にとって“受難の1年”だったと言えるだろう。前年の「水着姿なんて絶対出したくなかった」というインタビューでの発言に端を発し、吹き荒れた逆風を収めるべく、改めて「グラビア仕事に感謝している」と真意を述べるも、特に水着にならないグラビア活動を続けたせいで説得力を失い、また、1月期の「きみが心に棲みついた」(TBS系)、7月期の「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)と主演ドラマが立て続けに不調。さらにヒロインを演じた映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」も興行収入で大苦戦。一度、負のスパイラルに陥ると、可愛い仕草も“あざとい”と評され、カレンダーにも「水着デカすぎ」とツッコミが入る始末。

 前年、ドラマ「カルテット」(TBS系)やCM「どん兵衛」で脚光を浴び、2017年ブレイク女優1位に輝いた実績からすれば、まさに急降下を極めたと言っていいだろう。

「しかし昨年末、吉岡里帆の再浮上の兆しを見せた瞬間がありました。それが『2018 FNS歌謡祭』で、映画で共演した阿部サダヲと“シン&ふうか”名義で歌った『体の芯からまだ燃えているんだ』です。これぞまさしく、閑古鳥映画『音量を上げろタコ~』のテーマソングですが、ギターを弾きながら魂のこもった歌唱を見せた吉岡に対しネット上では『歌手として凄い才能を感じた』『不覚にも感動しました 魂で歌うってこういうことなんだと思った』『俳優さんにここまで歌われたら口パクの歌手は恥ずかしいだろうな』などと、その“本気度”に賞賛が乱れ飛んだんです。これが、吉岡里帆にとって、久しぶりの肯定的なネットニュースだったはずです」(エンタメ誌ライター)

 実は、映画「音量を上げろタコ~」の舞台挨拶でも2人の熱唱は披露されており、吉岡は拙いながらもギター生演奏を披露。「FNS~」でも、歌いながらギターのコードを押さえながら歌っていることが確認でき、アーティストさながらのパフォーマンスだった。

「本来、芝居にしてもグラビアにしても、全力で取り組むのが吉岡の信条。それがようやく伝わったのだとすれば、今年の活動は反動的に評価を高め、好感度もV字回復する可能性が高いのではないでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 願わくば“本気の水着グラビア”をもう一度、披露してもらいたいところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
磯山さやか“ダイエット成功”で気になるバストのサイズ
3
石川佳純、ジャージ着用でバスト隠しに「残念!」の声続々
4
胸がチャイナドレスを突き破りそう!夏菜のバストショットが艶っぽすぎるッ
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”