芸能

「ついにアイドル卒業」指原莉乃、躍進のウラにある“芸人との歩み”とは?

「女王」がソロとなることを決断した。

 12月15日、東京都内で開催された「HKT48コンサート ~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」において、HKT48の絶対的エース・指原莉乃がグループからの卒業を発表したのは記憶に新しい。

 15年から17年にかけて、3年連続でAKBグループ選抜総選挙の1位に君臨。前代未聞の偉業を成し遂げていた指原だが、今やバラエティ番組で進行役を任されるほどの立場となり、卒業を前にして、すでにアイドルという枠組みを超えた活躍を見せている。

 その点において、指原が“太田プロ”に所属したことが大きく作用したと話すのは、エンタメ誌ライターだ。

「前田敦子や大島優子ら、AKB48の有力メンバーが所属することでも知られる太田プロですが、この10年は、ちょうど太田プロ所属の芸人が“テレビ的なチカラ”を付けてきた時期と重なる部分があるんです。有吉弘行や劇団ひとり、土田晃之といった世代の中堅芸人が“脱ひな段”を果たし、一方で指原は“ブスイジり”“スキャンダルイジり”可能という足固めに着手。暴言に寛容なアイドルともなれば、辛口芸を得意とする有吉や劇団ひとり、土田ら同じ太田プロ所属で共演機会の多い芸人たちにとって“最高の素材”になることは容易に想像がつきます。それでいて、時間を重ねるごとにアカ抜けて、着実に“美人化”に成功し、コスメのCMをするまでに上り詰めました」

 指原といえば、12年に恋愛スキャンダルが報じられ、当時在籍していたAKB48からHKT48への移籍を命じられるも、逆にそれをバラエティで共演する芸人たちに“あえて触れさせる”ことを容認してきたことが、今日の指原の栄光につながったようだ。

「もともと、コンサートに行っていたわけではない多くの視聴者にとってAKB48からHKT48に移籍したことが、何の影響もなかったように、今回、アイドルを卒業したとしても何ら影響はないでしょう。アイドルの肩書を失うことで、タレントとしての存在意義すら失ってしまう“元アイドル”は多いですが、指原においては“どこ吹く風”といったところでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 今年4月に予定しているという横浜スタジアムでの“卒業コンサート”が、指原のHKT48メンバーとしてのラストステージとなるが、その才覚と処世術は卒業後も存分に発揮されることになりそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
3
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
4
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
5
ニューヨーク、レギュラー殺到の裏で「アッコにおまかせ!」激スベリ事故が物議!