芸能

また欅坂46に新規ファン拡大の予感!?コブクロが「サイマジョ」カバーに大反響

 欅坂46にとっても、コブクロにとってもはウィンウィンな結果となった。

 男性デュオのコブクロが11月30日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」をアコースティックバージョンでカバーして、高い評価を受けている。この日の放送では名曲カバーメドレーとして、絢香が中島みゆきの代表曲「糸」をカバーしたりと、出演アーティストがカバー曲を披露する中で、コブクロはあえて欅坂の同楽曲をチョイス。

 小渕健太郎は同楽曲の魅力について「欅坂さんのコンサートを観させていただいて、パンクバンドがメッセージを伝えるような勇気が突き刺さりまして」と、語っている。メインパートを歌唱する黒田俊介も「すんごい難しいんです、この歌」と、歌唱難易度が高い楽曲であると説明していたが、そこはさすがコブクロ! まるで自分たちの楽曲かのように本家とは違った味を出してみごとにカバーしている。

 視聴者からは「男性アーティストが歌うとこうなるのね。カッコいい」「聞いていて、鳥肌が立った」「本家も好きだけど、これもあり! すごいメッセージ性を感じた」といった声が上がっている。

「『大人たちに支配されるな』『群れていても始まらない』などといった歌詞が特徴的で、周囲に流されず自分の意思を持って行動するべきというメッセージが込められた同楽曲を力強く歌い上げたコブクロ。あえて、“未完成”な欅坂が歌ってこその良さもある楽曲ですが、今回のカバーには欅坂ファンも大満足だったようです。それに今回のコブクロのパフォーマンスをみて、『ただのアイドルソングだと思ってたけど、名曲じゃねえか』といった声もあったりと、アイドルの楽曲ということもあって“食わず嫌い”をしていた層の人々も欅坂に興味を示したりと、楽曲そのものの評価もさらに上がった感じがあります。欅坂のお姉さんグループである乃木坂46も、Mr.Childrenの桜井和寿が乃木坂の楽曲『きっかけ』をライブで披露したことで一気に注目を浴びた事例も過去にありましたね」(アイドル誌ライター)

 個性派俳優の新井浩文も11月29日にツイッターで「最近、欅坂はまってる。」と投稿したりと、業界内でもファンを拡大中の欅坂。今後、「意外なコラボ」も見られるかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!