芸能

また欅坂46に新規ファン拡大の予感!?コブクロが「サイマジョ」カバーに大反響

 欅坂46にとっても、コブクロにとってもはウィンウィンな結果となった。

 男性デュオのコブクロが11月30日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」をアコースティックバージョンでカバーして、高い評価を受けている。この日の放送では名曲カバーメドレーとして、絢香が中島みゆきの代表曲「糸」をカバーしたりと、出演アーティストがカバー曲を披露する中で、コブクロはあえて欅坂の同楽曲をチョイス。

 小渕健太郎は同楽曲の魅力について「欅坂さんのコンサートを観させていただいて、パンクバンドがメッセージを伝えるような勇気が突き刺さりまして」と、語っている。メインパートを歌唱する黒田俊介も「すんごい難しいんです、この歌」と、歌唱難易度が高い楽曲であると説明していたが、そこはさすがコブクロ! まるで自分たちの楽曲かのように本家とは違った味を出してみごとにカバーしている。

 視聴者からは「男性アーティストが歌うとこうなるのね。カッコいい」「聞いていて、鳥肌が立った」「本家も好きだけど、これもあり! すごいメッセージ性を感じた」といった声が上がっている。

「『大人たちに支配されるな』『群れていても始まらない』などといった歌詞が特徴的で、周囲に流されず自分の意思を持って行動するべきというメッセージが込められた同楽曲を力強く歌い上げたコブクロ。あえて、“未完成”な欅坂が歌ってこその良さもある楽曲ですが、今回のカバーには欅坂ファンも大満足だったようです。それに今回のコブクロのパフォーマンスをみて、『ただのアイドルソングだと思ってたけど、名曲じゃねえか』といった声もあったりと、アイドルの楽曲ということもあって“食わず嫌い”をしていた層の人々も欅坂に興味を示したりと、楽曲そのものの評価もさらに上がった感じがあります。欅坂のお姉さんグループである乃木坂46も、Mr.Childrenの桜井和寿が乃木坂の楽曲『きっかけ』をライブで披露したことで一気に注目を浴びた事例も過去にありましたね」(アイドル誌ライター)

 個性派俳優の新井浩文も11月29日にツイッターで「最近、欅坂はまってる。」と投稿したりと、業界内でもファンを拡大中の欅坂。今後、「意外なコラボ」も見られるかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!