スポーツ

高橋大輔「世界選手権辞退」に飛び交った“不穏な憶測”!

 フィギュアスケートの2018年全日本選手権で4年ぶりに復帰した高橋大輔選手が表彰台の2位に入り、世界選手権の候補に選出された。しかし、高橋選手はこれを辞退し、ファンをざわつかせているという。

 高橋選手は、自分のような(年齢が高く)未来のない選手ではなく、若い選手が経験を積むために行くべきだと思うと心情を吐露。さらに、行きたい気持ちもあるが、世界と戦う覚悟を持ちきれなかったのが辞退の大きな理由であると答えた。確かに、数多くの国際大会を乗り越えてきた高橋選手だからこそ、そこに気持ちを持って行くことの大変さを知っているということだろう。だが、その言葉を素直に飲み込めないファン心理があることも事実。その心理は、スケート連盟への憶測も生み出しているようだ。

「高橋選手が世界選手権に気持ちを持って行く大変さを痛感して辞退したというのはウソではないでしょう。しかし、その裏にスケート連盟のなんらかの思惑があるのでは、とささやかれているのです。全日本選手権では優勝者および表彰台上位の選手が世界選手権出場権を得るのは誰もが知る事実。高橋選手はSPでも2位を取っていましたから、ファンの間ではこのまま行けば世界選手権の出場権を獲得できると喜んでいる声もありました。しかし、放送では解説もアナウンサーも、高橋選手の世界選手権の可能性についてひと言も触れなかったのです。ほかの選手については5、6位につけた選手でも世界選手権争いに絡んだことや、出場の可能性が出てきたことをコメントしていました。しかし、高橋選手に関しては不自然なほどスルーしていました。もともと、高橋選手は引退年の世界選手権に出場しなかった心残りが、現役復帰を決意させた一つの要因だと語っていました。だとすれば、世界選手権でその心残りを晴らすと考えるほうが自然です。それなのに、そうはさせない空気があったんではないかと、憶測が飛んでいるのです」(スポーツライター)

 実力のある選手が権利を得るという大前提だけに、実力のある高橋選手が辞退して、もともと出場できる実力のなかった選手が出場するということになるのならば、合点のいかないファンが出てくるのも、むしろ当然といえよう。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!