スポーツ

青山学院大・原晋監督 箱根駅伝「5連覇」と「政界進出」(4)「新・山の神」は「9人抜き男」か

 往路前半で青学にプレッシャーをかけるとすれば、

「伊勢路で2位の東海大は千葉で2度の合宿を行ってスタミナを養い、起伏の激しい丹沢湖周辺でも極秘合宿。黄金世代と呼ばれた關颯人、鬼塚翔太、館澤亨次らが3年生となり、今年こそはと、11月以降は箱根仕様の練習を積んでいた。ここ3年、総合2位と安定感抜群の東洋大とともに、2校が飛び出しそうです」(アマスポーツ担当記者)

 往路の見どころは5区の山上り。「新・山の神」が降臨するのか。

「青学は昨年、竹石尚人(3年)が初挑戦し、けいれんを起こしながらも区間5位でトップを走る東洋大との差を縮めた。2度目の今年はフォームを修正し、原監督は『4代目になるかも』と期待を寄せています」(スポーツ紙デスク)

 竹石は全日本駅伝に出場せず、箱根対策に励んでいたというが、

「どこの大学も禁じられているにもかかわらず、『下見』と称して箱根の山を走りまくっています(笑)。年に3回という学校もあるし、通常は1人に1台の車を伴走させるのですが、車2台で集団走などというケースもありました」(スポーツライター)

 今年の注目は、前大会で9人抜きを演じた法政大の青木涼真(3年)に集まるが、天候しだいではさらなる大波乱も起きかねない。

「13年の箱根は最大18メートルの強風が吹き荒れ、ダークホースの日体大が総合優勝。それ以降、天候に恵まれていますが、今年は寒くなる可能性があり、5区の走りが総合成績を左右しそう」(駅伝関係者)

 同時に復路の8区も海風が強くなれば、厳しい走りを余儀なくされる。佐藤コーチの分析。

「青学としては、たとえ負けていても、トップを視界に入れて走りたい。逆にライバル勢は、1分以上の差をつけて後半を戦いたい。復路は単走になりやすく、淡々と自分のペースで走る選手に向いていますが、横からの海風は走りにくく、追い上げる側にすれば、目標が見えないと焦りにもつながる」

 絶対王者の油断でもないかぎり、青学の黄金期は続きそうだが、スポーツ紙デスクいわく、

「そこが唯一の心配でもある。主将の森田が5連覇のご褒美としてアイドルとの対面をねだると、原監督は報道陣に『ぜひ対談企画を』とバックアップ要請。過去2年は、4年生に自腹でハワイ旅行をプレゼントした太っ腹とはいえ、このリラックスムードが吉と出ればいいのですが‥‥」

 今回も見どころ満載だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
紅白出場のAKB48で「支店メンバーは出ない」!?その2つの根拠とは
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
4
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
5
ゆで卵が効いた!?乃木坂46山下美月、人生初タイプ水着写真にファン大興奮