スポーツ

ミスター復活の原動力は「原“全権”監督を見返す」だった!(3)「俺ならもっとうまくやる」

 原監督の第2次政権時代、両者の間に吹き始めた微妙な隙間風を示す長嶋氏のエピソードがある。

「あれは10年のシーズン。この年は、中日にナゴヤドームで2勝10敗と大きく負け越して優勝をさらわれ、リーグ4連覇を逃した。中日にしてやられた原巨人について、ミスターが『俺ならもっとうまくやる』とポツリとつぶやいたんだよ。めったなことでは他人の采配に関して四の五の言わない人が『俺なら』なんていうセリフを口にしたので、やはり愛弟子・原監督への意地のようなものがあるのだなと感じられた」(長嶋氏に近い関係者)

 ちなみに「長嶋vs原」の図式は当人同士だけにとどまらない。とある巨人OBが、見えにくいバトルの構図を口にする。

「アサ芸さんや他のメディアでも何度か登場済みですが、原監督にベッタリと付くメディア関係者のフィクサー・X氏がいる。実は長嶋さんにもX氏と同じような立場で裏側からサポートする、ミスターの右腕のような関係者が存在する。非常に有能で、山口オーナーからも気に入られて球団とも雇用契約を交わし、それなりの発言権も得ていた人物ですが、業界内では『X氏と微妙な関係』とささやかれているんです。そしてここ最近、原監督体制になったとほぼ同時に『どうやら表舞台から失脚したらしい。X氏によって飛ばされたのか』との噂が広まっている。もしも本当に原体制復活によってミスターの右腕が失脚したとなれば、さすがに長嶋さんもおもしろくないでしょう」

 さて、その「打倒・原」に執念を燃やす長嶋氏は、いつ現場復帰を果たすつもりなのか。

「ミスターには、美学がある。中途半端に出てきて、弱々しい姿だけはファンに見せたくないんです。だから車椅子姿ではなく、自分の足でしっかりと歩いて元気な体を見せつけると同時に『やっぱりミスターはすごい』というメッセージを世の中に発するつもりなのでしょう。恐らく春季キャンプ、それも自分が名付けたサンマリンスタジアム宮崎に行くことを目標としているに違いない。そこで原監督をも驚かせる気でいるのです」(長嶋氏に近い関係者)

 空前の巨大補強で19年の巨人はV奪回に期待がかかる反面、原監督の独裁体制を懸念する声も一部から出始めている。パワーバランスを取るためにも、「打倒・原」に燃える長嶋氏の復活こそが良薬となるのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
2
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実
3
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
4
「杉本会長にメロメロ」深田恭子が“体力増強”手作り餃子を振るまっている!?
5
坂口杏里、「鼻にヒアルロン酸」も一斉に突っ込まれてしまった「そこじゃない」!