スポーツ

異色高校の「春のセンバツ」内定で高校野球は1月大激震!

 2019年1月、高校野球に激震が走る。春のセンバツ大会の出場校は1月25日に発表されるが、センバツは前年秋の大会の成績が参考となるため、明治神宮大会の優勝校である札幌大谷は出場が確実。同校が秋の頂点をつかんだ時、「甲子園未経験校の快挙!」とも騒がれたが、それにはヒミツがあったのだ。

「札幌大谷は中高一貫校です。でも、中学の野球部は文科省の中体連下に置かれる軟式ボールの部活動ではなく、ボーイズリーグの大会に出場しています。学校の部活動なのに、硬球の野球部なんです」(地元関係者)

 つまり、札幌大谷は中高の6年間をかけて硬式ボールの部活動を“完成”させるのだ。禁止はされていない。また、甲子園出場を夢見る中学球児にも「軟式の部活動ではなく、硬式を扱うクラブチーム」に入って高校進学に備える者もいる。だが、そのクラブチームが私設団体ではなく、学校単位での参入となると、否定的な見方をする高校野球ファンもいないわけではない。

「以前から硬式のクラブチーム大会に出場する私立中学校がありました。禁止はされていません。中体連、日本高野連は『そのうち検討』みたいな言い方でしたが…」(都内私立高の野球部監督)

 中高一貫の硬式指導の是非について、高野連は結論を出さなければならない。ちなみに北海道の代表校が神宮大会を制したのは、田中マー君の駒大苫小牧以来。そして札幌大谷は、夫人の里田まいの母校でもある。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫