芸能

「トレース~科捜研の男~」視聴者に広がるガッカリ感の理由とは?

 関ジャニ∞の錦戸亮主演ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)の第2話が1月14日に放送され、平均視聴率は11.8%。前回の12.3%から0.5%ダウンした。

 初回は、船越英一郎演じるベテラン刑事・虎丸良平が「とにかくうるさい」「船越さんウザすぎ」など、視聴者から不評を買った。そして、第2話は新木優子演じる警視庁科学捜査研究所の新人法医研究員・沢口ノンナが悪目立ちしてしまったようだ。

 今回のストーリーは、大学病院の外科医が自身の教授就任パーティの最中に謎の死を遂げる。現場検証に赴いた沢口だったが、仕事に悩み不眠症だったため貧血を起こして倒れてしまい、現場を荒らしてしまう、というものだった。

 視聴者からは「現場で沢口がワインラックを倒したり、刑事が素手で家宅捜索したりというのはやめてほしい。レベル低すぎる」「第2話も船越うるさくてストーリーに集中できない。ダメだな」「相変わらず虎丸がうるさすぎてほんと無理。思い込みで決めつけてばっかり、人の話聞かない、すぐ怒鳴る、物に当たる」など“途中脱落”予備軍と思しき視聴者が続出している。

「原作の虎丸は、もっと若いし、子煩悩な人情派の刑事。クールな真野(錦戸)とのコントラストを付けたいのかもしれませんが、過剰です。また、現場で倒れてワインラックを倒しワインを現場にぶちまけてしまう沢口の設定も、科学研究者としてはあるまじき行為。様々な証拠物がある科捜研内で、刑事が暴れるのも変。科捜研が主軸のはずなのに、現場での緊張感に欠けるというか、中途半端感は否めません」(テレビ誌ライター)

 原作の愛読者にとっては、あまりにもひどい演出にガッカリ感が広がっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
坂上忍「暴君MC」に芸人が続々降板!「織田裕二を呼び捨てにして怒らせた」
3
フジ秋元優里“竹林不貞”の裏で夫・生田竜聖アナの体に「大異変」!
4
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
5
国歌斉唱でニヤニヤする選手も!プレミア12野球日本代表に“不快だ!”の声