芸能

「トレース~科捜研の男~」視聴者に広がるガッカリ感の理由とは?

 関ジャニ∞の錦戸亮主演ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)の第2話が1月14日に放送され、平均視聴率は11.8%。前回の12.3%から0.5%ダウンした。

 初回は、船越英一郎演じるベテラン刑事・虎丸良平が「とにかくうるさい」「船越さんウザすぎ」など、視聴者から不評を買った。そして、第2話は新木優子演じる警視庁科学捜査研究所の新人法医研究員・沢口ノンナが悪目立ちしてしまったようだ。

 今回のストーリーは、大学病院の外科医が自身の教授就任パーティの最中に謎の死を遂げる。現場検証に赴いた沢口だったが、仕事に悩み不眠症だったため貧血を起こして倒れてしまい、現場を荒らしてしまう、というものだった。

 視聴者からは「現場で沢口がワインラックを倒したり、刑事が素手で家宅捜索したりというのはやめてほしい。レベル低すぎる」「第2話も船越うるさくてストーリーに集中できない。ダメだな」「相変わらず虎丸がうるさすぎてほんと無理。思い込みで決めつけてばっかり、人の話聞かない、すぐ怒鳴る、物に当たる」など“途中脱落”予備軍と思しき視聴者が続出している。

「原作の虎丸は、もっと若いし、子煩悩な人情派の刑事。クールな真野(錦戸)とのコントラストを付けたいのかもしれませんが、過剰です。また、現場で倒れてワインラックを倒しワインを現場にぶちまけてしまう沢口の設定も、科学研究者としてはあるまじき行為。様々な証拠物がある科捜研内で、刑事が暴れるのも変。科捜研が主軸のはずなのに、現場での緊張感に欠けるというか、中途半端感は否めません」(テレビ誌ライター)

 原作の愛読者にとっては、あまりにもひどい演出にガッカリ感が広がっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
「アイ・アム・冒険少年」露骨過ぎる“Snow Man推し”が大不評!
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!