スポーツ

2019年「平成後」の大異変<相撲編>貴乃花が宮司になり新興宗教の教祖に?

 18年の角界は、元貴乃花に翻弄された一年だった。一方、本場所の土俵では唯一の日本人横綱・稀勢の里(32)の去就に注目が集まるばかりだ。

 一昨年からくすぶっていた元横綱・日馬富士の暴行事件は、被害者である貴ノ岩が、付き人を殴るという暴行事件の発覚により引退に追い込まれるという負の連鎖まで起きた。

 この事態に、昨年9月に親方を引退した花田光司氏(46)は意気消沈かと思いきや‥‥。

「すでに離婚も済ませ、本人は心機一転でやる気満々。とりわけ学業に本腰を入れるつもりです」(かつての後援会関係者)

 すでに週刊アサヒ芸能でも大学に聴講生で参加すると指摘したが、将来的には相撲道の拠点として神社を建立する仰天プランもささやかれている。

「大学では日本の古の教えである神道を学びたい意向がある。そのうえで宮司となり、土俵奉納も実現したいというのが本願です。スポンサーさえいれば、年内にも実現しかねない」(関係者)

 さらには、相撲道を標榜した新興宗教の教祖になるのではという声もあるほど。今年も貴乃花の動向は要注意だ。

 一方、初場所が進退を賭けた場所となる稀勢の里は初場所で引退の公算が大きい。

「稀勢の里には復活してほしいという願望はありますよ、しかし、その可能性は限りなくゼロに近いと思いますね。もうひと場所待ってくれというのは通用しない」

 こう語るのは、好角家で漫画家のやくみつる氏である。実際、相撲関係者によれば、

「四股、テッポウなどの基本動作を入念にこなしていますが、調整遅れは必至です。特に、新しいことをやっているわけではない。これまでも横審から猶予をもらっていながら、結果を出せなかった。腰高の悪い癖は相変わらずで、本当にやる気があるのか、聞いてみたいですね」

 すでに引退後のプランも浮上している。

「親方として信奉している貴乃花にならい、モンゴル互助会の撲滅に乗り出すとみられています。今や貴乃花の意志を継ぐのは稀勢の里と言われるほど。角界浄化はガチ相撲の申し子である彼にかかっている」(協会関係者)

 目下、土俵の主役は様変わりしつつある。九州場所では、東小結貴景勝が初優勝を決めた。22歳3カ月での初優勝は、年6場所制となった1958年以降で6番目の年少記録だが、新横綱の誕生はまだ先になりそうだ。相撲ジャーナリストの中澤潔氏が語る。

「他の優勝力士はたまたま運がよくて成し遂げたというケースばかり。これはという強さを持った力士がいない。貴景勝も、ぶちかましといなしという決め手があるだけで、絶対的な強さがあるわけではありません」

 前出のやく氏も、

「貴景勝は大関候補。上背が足りないし、横綱タイプの相撲ではない。横綱として東京オリンピックまでやると言明している白鵬と同じ番付に載るのはイメージできない」

 と語るばかり。20年まで現役続行を明言する白鵬の天下は今年も続くとみてよさそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?