芸能

まさかの自粛モード?「水曜日のダウンタウン」がつまらなかった説!

 1月16日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)を巡って、視聴者の間から「今週はつまらなかった」「パワーダウンしすぎ」とのマイナス評価が噴出しているようだ。

 その「水ダウ」といえば昨年末、芸人のクロちゃんを遊園地に設置した檻で見世物にしたところ、見物客が殺到しすぎて企画中止に追い込まれた件が記憶に新しいところ。他にもそのクロちゃんが女性に対してゲスすぎる振る舞いを見せた「モンスターハウス」や、誘拐騒ぎにまで発展した芸人の連れ去り企画など、何かと世間を騒がせる破天荒さで人気を博している。それが今回の放送では、並レベルのバラエティ番組に堕ちてしまったというのだ。

「一つめの《芸人ならどんなにキツめの設定背負わされてもつい乗っかっちゃう説》は、芸人にヤラセ企画を持ちかけ、その対応を見るというもの。ここはパンサー尾形らの頑張りでそこそこのおもしろさを見せたものの、水ダウの水準から見れば合格点ギリギリ程度でしょうか。そして他の企画はモノマネ芸人による伝言ゲームにしろ、同番組でおなじみの“ミスター押忍”の企画にしろ、やっつけでひねり出した感が否めませんでした。『水ダウ』といえばヒリヒリするほどに規格外の攻めた企画がウリですが、今回は他のバラエティ番組であっても通常運転レベルに過ぎない無難なネタばかり。あまりものパワーダウンに心配してしまったほどです」(お笑い系のライター)

 最近人気を博していたクロちゃんがらみの企画に関しては、「モンスターハウス」がいったん完結したことで、今回お休みというのは理解できるところ。とはいえ、すべての企画がそろいもそろってパワーダウンとは、さすがに異常事態ではないだろうか。

「いくら人気番組の『水ダウ』といっても、昨年末の遊園地騒動はさすがにやり過ぎでした。それ以前にもナダルを車に押し込んで連れ去った企画で110番通報があったのに、遊園地の件でまたもや警察が出動する羽目となり、TBSに対して当局側からの厳重注意があったことは想像に難くありません。そうなるとコンプライアンス重視の昨今、上層部から制作陣に対して『お前らやりすぎだ!』との強い指導が入ったのではないでしょうか。この調子だと今後もしばらく『水ダウ』のパワーダウンは避けられなさそうです」(前出・お笑い系ライター)

 ここは〈『水ダウ』警察に怒られた説〉を番組で検証する企画を放送してみてはいかがだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
加藤浩次が目撃していた!タモリの本当の“髪型”