芸能

竹内結子「QUEEN」視聴率急落で思い出される“あの爆死ドラマ”

 1月17日に放送された竹内結子主演のテレビドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)第2話の視聴率が、5.8%だったことがわかった。同ドラマは、1話から大きく数字を下げたという。

「『QUEEN』は、初回9.3%とまずまずの滑り出しだったのですが、2話で3.5ポイントも落としてしまいました。本作はPerfumeなどのPVを手掛ける映像作家・関和亮の連ドラ初監督作品で、キャラクター監修もバカリズムが担当ということで、放送前は注目を集めていました。しかしフタを開けてみれば、視聴者の反応はイマイチ。アイドルグループのトラブルや、企業ハラスメントなど、本編では時事ネタを扱っているものの、内容が薄いため『映像はキレイだし、キャラは立ってるけど肝心のストーリーが微妙』と辛辣な意見があがっています」(テレビ誌記者)

 そんな同ドラマで、地上波では約6年ぶりとなる連ドラ主演を務めた竹内。しかし今後の視聴率によっては、あの爆死ドラマの二の舞となってしまう可能性があるという。

「かつて竹内といえば、『ランチの女王』や『ストロベリーナイト』(ともにフジテレビ系)などヒット作を連発していましたが、13年に主演した『ダンダリン 労働基準監督官』(日本テレビ系)が、一時視聴率5%台を記録する大爆死をしてしまったのです。それが原因で、彼女は地上波の連ドラ主演の仕事を長らく受けなかったとも一部で噂されています。そして今回、1話完結で弁護士モノという、ドラマ業界では鉄板のジャンルで再起を図ったわけですが、思ったより数字が伸びておらず、6年前の悪夢が再来してしまうかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 竹内は現在でも、決して不人気女優というわけではないので、今後の巻き返しに期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
落胆したの!?桜井日奈子の“橋本環奈絡み”告白に世間から「失礼!」の洗礼
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
安倍昭恵夫人、「私的な“桜を見る会”を楽しんだ」写真報道で批判殺到!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
キムタク次女がスポンサーから敬遠される意外な理由とは!?