芸能

真木よう子が最新ドラマでバストを隠すも「これはこれでアリ!」との声

 真木よう子が1年半ぶりに連ドラ主演を果たした「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(テレビ東京系)が1月21日にスタート。第1話は視聴率4.6%をマークした。

「月曜22時台としては物足りない数字に思えますが、テレ東系のドラマは他局に比べて数字が獲りづらいものです。それに17年7月期の主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)は平均視聴率が4.5%と爆死していましたから、真木の主演復帰作としてはとりあえず及第点ではないでしょうか。ただ第1話を観る限り物語のテンポが悪く、今後は何かしらのテコ入れが必要かもしれません」(テレビ誌のライター)

 そんな「よつば銀行~」での真木を巡り、ファンからは「アリ」「ナシ」という正反対の感想が飛び交っているという。前作の「セシルの‐」は視聴率こそふるわなかったものの、真木がタンクトップ姿でジョギングしたり、薄手のロングドレスでバストを浮きだたせるといったシーンが多く、ファンの間では〈お宝シーンの連発〉と高く評価されてた。そのバストについてテレビ誌のライターが続ける。

「本作での真木は銀行の法人営業課長という役柄ゆえ、最初から最後までフォーマルウエアのまま。胸元をチラ見せすることすらなく、フラストレーションをためてしまうファンも少なくありません。ただ一部のバストソムリエたちからは、スーツの胸元さえも盛り上げるバストの存在感がたまらないというマニアックな評価が浮上。『これはこれでアリ!』との高評価につながっているようです。また『セシルの‐』の時は、精神面が原因なのか、ガリガリに痩せた姿が心配されましたが、本作では顔つきが少しふっくらし、可愛らしさが大幅アップ。すでに36歳で子供もいる真木ですが、『可愛いのに胸はデカい』と、男子の妄想を奮い立たせることに成功しています」

 確かに真木のような銀行員が営業に来ようものなら、スーツの下に隠されたお宝バストが気になりすぎて、要らぬ契約まで交わしてしまいそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
3
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
4
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)