芸能

天才テリー伊藤対談「ぱいぱいでか美」(1)名前は先輩の軽いノリでつけられて

●ゲスト:ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ) 1991年、三重県生まれ。高校卒業後、音楽系の専門学校へ進学するため上京。バンド活動を開始し、キーボードとボーカルを担当。2012年、バンド解散。その後インディーズでソロ活動を開始し、コアなファンを獲得する。14年、シングル「PAINPU」を発表、ジャケットに自身のヌード写真を採用し話題に。同年、「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。その後、同番組の準レギュラーとなり、一般にも知名度を広げる。アイドルユニット「APOKALIPPPS」や「吉川友にぱいぱいでか美」などソロ以外でも活動中。2月22日、初の著書「桃色の半生! ~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~」(リットーミュージック)が発売予定。

「名乗るほどでかくないがそこそこでかい。」のキャッチフレーズを掲げ、歌手としてのライブ活動、バラエティー番組、グラビアなどで注目されるFカップタレント・ぱいぱいでか美。一度聞いたら忘れない名前を上回る、数々の破天荒エピソードに、天才テリーも仰天の連続!

テリー すごいインパクトの名前だね。みんなには、どう呼ばれてるのかな。

でか美 「でか美」です。時々「ぱいぱいさん」なんて呼ぶ方もいたりしますけど(笑)。

テリー ハハハ、そこを名字だと思っているんだ。俺はでか美ちゃんのことを深夜のバラエティーやネット番組で見ることが多いんだけれど、本業はアイドルなんだよね。やっぱり憧れなんかがあったの。

でか美 いえ、私は肩書としてはタレントを名乗っていても、アイドルじゃなくて歌手になりたかったんです。小学校の時に、当時デビューした宇多田ヒカルさんを好きになったことがきっかけです。子供だったので、宇多田さんの天才ぶりが理解できていなくて、「頑張れば16歳で歌手になれるんだ。じゃあ私も!」みたいな感じで。

テリー いや、当時は衝撃的だったものね。

でか美 そのあと、ポケットビスケッツの千秋さん、ハロー!プロジェクトのももち(嗣永桃子)も大好きになって「あんなふうになれたら」と思っていました。

テリー ももち? あのへんてこりんな娘、宇多田ヒカルと全然違うじゃない。

でか美 根本としてテレビっ子、というのが大きいんだと思います。テレビに出ていて歌う人に憧れて、宇多田さんを最初に見たのも「HEY!HEY!HEY!」で、浜ちゃん(浜田雅功)にどつかれているところを見て「いいなぁ」なんて思ったんです(笑)。

テリー なるほど。「音楽一本でいきます」っていうタイプとは違うところに引かれたわけだ。

でか美 それで高校卒業後、三重県から上京して音楽系の専門学校に通い始めたんです。でも周りと話が合わなかったので、同じキャンパス内に系列の大学があって、そこの軽音部に入りました。

テリー お、そこから本格的に音楽の世界へ。

でか美 はい。先輩に誘われてバンドのボーカルとして2年ぐらい活動したんですが、メンバー全員が学生じゃなくなった年に解散することになって。

テリー ああ、卒業と就職は、学生バンド解散の大きな理由だよな。

でか美 でも私としては、ちょうど専門学校を卒業して、フリーターをやりながらバンド活動を続けていこうと決意したばかりだったんですよ。

テリー でか美ちゃんの本気を、他のメンバーは共有できなかったわけだ。

でか美 他人と組んだバンドって、こんなに簡単になくなるのか、とすごくショックを感じて、「またこんなにツラい思いをするくらいなら、もう1人でやろう」と。

テリー その時の名前は?

でか美 バンドの時から同じで、メンバーの先輩に「お前のアダ名は“ぱいぱいでか美”な」くらいの軽いノリでつけられました。今思えばセクハラなんですが、なぜかその時に「めっちゃいい名前ですね!」なんて受け入れてしまって。実際、今でも気に入っているんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃