芸能

天才テリー伊藤対談「ぱいぱいでか美」(1)名前は先輩の軽いノリでつけられて

●ゲスト:ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ) 1991年、三重県生まれ。高校卒業後、音楽系の専門学校へ進学するため上京。バンド活動を開始し、キーボードとボーカルを担当。2012年、バンド解散。その後インディーズでソロ活動を開始し、コアなファンを獲得する。14年、シングル「PAINPU」を発表、ジャケットに自身のヌード写真を採用し話題に。同年、「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。その後、同番組の準レギュラーとなり、一般にも知名度を広げる。アイドルユニット「APOKALIPPPS」や「吉川友にぱいぱいでか美」などソロ以外でも活動中。2月22日、初の著書「桃色の半生! ~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~」(リットーミュージック)が発売予定。

「名乗るほどでかくないがそこそこでかい。」のキャッチフレーズを掲げ、歌手としてのライブ活動、バラエティー番組、グラビアなどで注目されるFカップタレント・ぱいぱいでか美。一度聞いたら忘れない名前を上回る、数々の破天荒エピソードに、天才テリーも仰天の連続!

テリー すごいインパクトの名前だね。みんなには、どう呼ばれてるのかな。

でか美 「でか美」です。時々「ぱいぱいさん」なんて呼ぶ方もいたりしますけど(笑)。

テリー ハハハ、そこを名字だと思っているんだ。俺はでか美ちゃんのことを深夜のバラエティーやネット番組で見ることが多いんだけれど、本業はアイドルなんだよね。やっぱり憧れなんかがあったの。

でか美 いえ、私は肩書としてはタレントを名乗っていても、アイドルじゃなくて歌手になりたかったんです。小学校の時に、当時デビューした宇多田ヒカルさんを好きになったことがきっかけです。子供だったので、宇多田さんの天才ぶりが理解できていなくて、「頑張れば16歳で歌手になれるんだ。じゃあ私も!」みたいな感じで。

テリー いや、当時は衝撃的だったものね。

でか美 そのあと、ポケットビスケッツの千秋さん、ハロー!プロジェクトのももち(嗣永桃子)も大好きになって「あんなふうになれたら」と思っていました。

テリー ももち? あのへんてこりんな娘、宇多田ヒカルと全然違うじゃない。

でか美 根本としてテレビっ子、というのが大きいんだと思います。テレビに出ていて歌う人に憧れて、宇多田さんを最初に見たのも「HEY!HEY!HEY!」で、浜ちゃん(浜田雅功)にどつかれているところを見て「いいなぁ」なんて思ったんです(笑)。

テリー なるほど。「音楽一本でいきます」っていうタイプとは違うところに引かれたわけだ。

でか美 それで高校卒業後、三重県から上京して音楽系の専門学校に通い始めたんです。でも周りと話が合わなかったので、同じキャンパス内に系列の大学があって、そこの軽音部に入りました。

テリー お、そこから本格的に音楽の世界へ。

でか美 はい。先輩に誘われてバンドのボーカルとして2年ぐらい活動したんですが、メンバー全員が学生じゃなくなった年に解散することになって。

テリー ああ、卒業と就職は、学生バンド解散の大きな理由だよな。

でか美 でも私としては、ちょうど専門学校を卒業して、フリーターをやりながらバンド活動を続けていこうと決意したばかりだったんですよ。

テリー でか美ちゃんの本気を、他のメンバーは共有できなかったわけだ。

でか美 他人と組んだバンドって、こんなに簡単になくなるのか、とすごくショックを感じて、「またこんなにツラい思いをするくらいなら、もう1人でやろう」と。

テリー その時の名前は?

でか美 バンドの時から同じで、メンバーの先輩に「お前のアダ名は“ぱいぱいでか美”な」くらいの軽いノリでつけられました。今思えばセクハラなんですが、なぜかその時に「めっちゃいい名前ですね!」なんて受け入れてしまって。実際、今でも気に入っているんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】