スポーツ

筒香・菊池の米挑戦で加速する清宮幸太郎「2020入札」!

 菊池雄星がシアトルマリナーズに移籍し、DeNAの筒香嘉智、広島・菊池涼介もオフの契約更改の席で将来のメジャー挑戦の意志を明らかにした。ソフトバンク・千賀滉大もメジャー志望を口にしている。楽天・則本昂大も、米球界と東京五輪を天秤に掛け、迷っているという。

「メジャースカウトは巨人・菅野に熱視線を送っています。このまま筒香たちが渡米してしまえば、侍ジャパンは東京五輪で苦戦を強いられることになります」(ベテラン記者)

 3月9、10日に侍ジャパンはメキシコ代表チームと強化試合を行う。稲葉篤紀代表監督は若手中心のメンバーで臨む意向で、大砲候補・日本ハムの清宮幸太郎への期待も明らかにしていた。

「今年11月開催の『プレミア12』ではベストメンバーを組む予定ですが、主力選手の言動通りなら、筒香、菊池、千賀は日本代表としてのラストゲームとなります。メキシコ戦を若手中心で臨むのは次世代の新しい核となる選手を見つけるため。もっとも、東京五輪まで、さほど時間はありませんから、若手にとってはラストチャンスとなりそう」(前出・ベテラン記者)

 その清宮にしても、米球界挑戦の時期が前倒しされるとの見方もある。大谷翔平はプロ5年目のシーズンを終えて渡米したが、日ハムは「出る者、追わず」の姿勢だ。また、清宮はプロ1年目から米アリゾナキャンプを経験しているため、大谷よりも早くメジャースカウトの視察を受けている。「成長の度合い」を視察されているので、「レギュラー」ではなく、「通用する」となった時点で、米球界側がアクションを起こしてくるというのだ。

「筒香、菊池らを喪失したら、東京五輪に招集される代表メンバーのレベルダウンは必至」(球界関係者)

 ポスティングシステムも事実上のFA宣言となったことで、日本のトップ選手の流出はさらに加速する。何かしらの対応をしなければ、「東京五輪で清宮が見納め」なんてことにもなりかねない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)