スポーツ

筒香・菊池の米挑戦で加速する清宮幸太郎「2020入札」!

 菊池雄星がシアトルマリナーズに移籍し、DeNAの筒香嘉智、広島・菊池涼介もオフの契約更改の席で将来のメジャー挑戦の意志を明らかにした。ソフトバンク・千賀滉大もメジャー志望を口にしている。楽天・則本昂大も、米球界と東京五輪を天秤に掛け、迷っているという。

「メジャースカウトは巨人・菅野に熱視線を送っています。このまま筒香たちが渡米してしまえば、侍ジャパンは東京五輪で苦戦を強いられることになります」(ベテラン記者)

 3月9、10日に侍ジャパンはメキシコ代表チームと強化試合を行う。稲葉篤紀代表監督は若手中心のメンバーで臨む意向で、大砲候補・日本ハムの清宮幸太郎への期待も明らかにしていた。

「今年11月開催の『プレミア12』ではベストメンバーを組む予定ですが、主力選手の言動通りなら、筒香、菊池、千賀は日本代表としてのラストゲームとなります。メキシコ戦を若手中心で臨むのは次世代の新しい核となる選手を見つけるため。もっとも、東京五輪まで、さほど時間はありませんから、若手にとってはラストチャンスとなりそう」(前出・ベテラン記者)

 その清宮にしても、米球界挑戦の時期が前倒しされるとの見方もある。大谷翔平はプロ5年目のシーズンを終えて渡米したが、日ハムは「出る者、追わず」の姿勢だ。また、清宮はプロ1年目から米アリゾナキャンプを経験しているため、大谷よりも早くメジャースカウトの視察を受けている。「成長の度合い」を視察されているので、「レギュラー」ではなく、「通用する」となった時点で、米球界側がアクションを起こしてくるというのだ。

「筒香、菊池らを喪失したら、東京五輪に招集される代表メンバーのレベルダウンは必至」(球界関係者)

 ポスティングシステムも事実上のFA宣言となったことで、日本のトップ選手の流出はさらに加速する。何かしらの対応をしなければ、「東京五輪で清宮が見納め」なんてことにもなりかねない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」