芸能

天才テリー伊藤対談「ぱいぱいでか美」(3)裏切りを知ると叫びながら大暴れを

テリー ところで、恋愛方面はどんな感じなの。

でか美 中学時代は彼氏がいて、あと高校の時は好きな先輩がいたんですけど、ずっと片思いで、結局恋はかなわずでした。

テリー へえ、告白できなかったんだ。初々しいね。

でか美 先輩がガチのロリコンだったので、相手にしてもらえなかったんですよ(苦笑)。東京に出て来てからは、やっぱり学校の先輩と4年くらいおつきあいしたんですが、その頃はすごく精神が不安定なメンヘラ気味な時期だったので、ホントに迷惑をかけちゃって。

テリー 迷惑って何?

でか美 浮気を見つけた時なんかは大変でした。彼の服のポケットから居酒屋のレシートが出てきて、その人数のところに「2人」って書いてあったんですよ。

テリー フフフ、ベタな展開だねェ。

でか美 そこから「その日は確か、バイトで会えないって言っていたよね?」と問い詰めて。

テリー 怖いな。だって、男同士で飲んでいた可能性もあるわけじゃない。

でか美 はい、でもそこをあえて「今、ちゃんと謝ったら許すよ」って押し続けるんですよ。私、そういう時って口調は冷静なんですけれど、すごく泣きまくるので、たぶん良心の呵責に耐えられなくなるんでしょうね、大抵は素直に謝ってくれます。

テリー それで一件落着?

でか美 いえ、そこから「死んでやる~!」と叫びながらの大暴れに突入します(笑)。

テリー ハハハ、「許す」って言ったから白状しているのに、ズルいじゃん!

でか美 私にとっての「許す」は、「別れない」という意味なんです。なので、許すための儀式として、そこで大いにブチ切れるんです。彼に浮気をされると、いつもそんな感じでした。

テリー ブチ切れるって、どんなレベルなの。例えばモノを投げたりとか?

でか美 いちばんヤバかったのは‥‥たぶん自分の部屋のカーペットを燃やした時ですかね。

テリー ええっ、放火までしちゃったの!?

でか美 「もうイヤだ、家ごと燃やして死ぬ!」みたいな感じで、たまたま持っていたライターで火をつけまくって。そしたら彼が、手にスマホを持ったまま火を消してくれて、スマホが壊れちゃったんですよ。

テリー そりゃ壊れるよ、消火器じゃないんだからさ(笑)。

でか美 それを見て、「壊しちゃったし、悪かったな」って思えて、やっと許せました。ちゃんとスマホの修理代も出しましたよ。私、そういうところは律儀なので。

テリー 律儀も何も、でか美ちゃんの放火が原因じゃない(笑)。今でも恋愛をすると、そんな感じなの。

でか美 その彼と別れてからは、恋人はずっといないんです。

テリー じゃあ、ここで候補を募るといいよ。どういう男性が好み?

でか美 楽器ができる人やバンドマンがすごく好きなんですよ。才能にホレてしまうというか、特に曲を書ける人に弱いです。でも、バンドマンって人間としてダメなタイプが本当に多いんですよねェ。

テリー ああ、そのイメージは、なんとなくわかる。

でか美 あと、私に興味がない、あまりグイグイ来ない人が好きだったりして。

テリー なるほどね、確かにこれは恋人を作りにくいわ(苦笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史