エンタメ

売り場オーナーが「宝くじ“秘”舞台裏」を全部バラす(1)全国の売り場の9割が赤字?

 平成最後となる「バレンタインジャンボ宝くじ」が2月22日まで発売されている。1等・前後賞合わせて3億円! 夢の億万長者を目指し、連日行列ができる売り場もある中、関東に店舗を構えるオーナーが、これまで語られることのなかった「売り場の舞台裏」を赤裸々に明かしてくれた。

 関東地方の商業施設内に併設される宝くじ売り場。広い駐車場が完備され、休日は多くの家族連れでにぎわうなど、立地条件としては申し分のない場所だ。

 この日も売り場は盛況。にもかかわらず、現場を見守るオーナーの口調は重い。

「当売り場は、昨年の年末ジャンボ宝くじであれば5万枚(1500万円相当)ほどさばき、この地域では実績店の一つだと思います。しかし、内情を明かせば、昨年は赤字。というか、ここ2年の売り上げは2割ほど右肩下がりで、もう店を閉めたい、というのが本音ですね」

 宝くじ売り場が赤字とはどういうことなのか。事務所に戻り、伝票帳を見ながらオーナーが続ける。

「例えば、年末ジャンボ宝くじの仕入れ値を見ると、1枚が約280円でした。1枚売って20円弱の利益ということです。1年間で最も売れる年末ジャンボでさえ、1カ月に5万枚売って100万円ほどです」

 その伝票帳をパラパラとめくり、仕入れ値に目を向けると、1枚200円券で約182円、100円券は約90円と記されていた。

「実は昨年、この厳しい現状をみずほ銀行の担当者に相談したんです。『黒字の売り場は、どんなことをしているんですか?』ってね。すると『今、全国の売り場の大半が赤字なんですよね』と。愕然としましたよ。思わず『大半って、9割近くですか』と確認したほどです。売り場の状況は、予想以上に悪化しているようですね」

 しかも、宝くじの種類や枚数、連番やバラの比率などは「みずほ銀行の担当者任せ」だという。

「『前回と同じぐらいでいいですかね?』と聞かれ、『そうですね』という感じです。昨年の年末ジャンボの内訳は、プチが6000枚、ミニが1万枚、残り3万4000枚がジャンボ。もし完売すれば1000枚単位で追加注文となるのですが、昨年は数百枚ほど売れ残りました。連番とバラの比率もお任せで、1束(1000枚単位)ごとに『連番』『バラ』と書かれている。3対7ぐらいの割合で『バラ』のほうが多かった」

 また、昨年の年末ジャンボ宝くじでは、新しい買い方として「福バラ100」や「福連100」などが加わり注目を集めたが、現場の反応は冷ややかだった。

「どちらも購入費は3万円(100枚)で、必ず6000円(300円×10枚+3000円)以上の当せんが確定します。なので『実質2万4000円で億万長者の夢を買える!』みたいなうたい文句で購買欲をかき立てる売り場もあったみたいですね。『2割引きのお買い得セット』みたいなイメージでしたが、うちではあまり売れませんでした。最近、3万円分も購入する人は少ないですよ」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった