エンタメ

売り場オーナーが「宝くじ“秘”舞台裏」を全部バラす(1)全国の売り場の9割が赤字?

 平成最後となる「バレンタインジャンボ宝くじ」が2月22日まで発売されている。1等・前後賞合わせて3億円! 夢の億万長者を目指し、連日行列ができる売り場もある中、関東に店舗を構えるオーナーが、これまで語られることのなかった「売り場の舞台裏」を赤裸々に明かしてくれた。

 関東地方の商業施設内に併設される宝くじ売り場。広い駐車場が完備され、休日は多くの家族連れでにぎわうなど、立地条件としては申し分のない場所だ。

 この日も売り場は盛況。にもかかわらず、現場を見守るオーナーの口調は重い。

「当売り場は、昨年の年末ジャンボ宝くじであれば5万枚(1500万円相当)ほどさばき、この地域では実績店の一つだと思います。しかし、内情を明かせば、昨年は赤字。というか、ここ2年の売り上げは2割ほど右肩下がりで、もう店を閉めたい、というのが本音ですね」

 宝くじ売り場が赤字とはどういうことなのか。事務所に戻り、伝票帳を見ながらオーナーが続ける。

「例えば、年末ジャンボ宝くじの仕入れ値を見ると、1枚が約280円でした。1枚売って20円弱の利益ということです。1年間で最も売れる年末ジャンボでさえ、1カ月に5万枚売って100万円ほどです」

 その伝票帳をパラパラとめくり、仕入れ値に目を向けると、1枚200円券で約182円、100円券は約90円と記されていた。

「実は昨年、この厳しい現状をみずほ銀行の担当者に相談したんです。『黒字の売り場は、どんなことをしているんですか?』ってね。すると『今、全国の売り場の大半が赤字なんですよね』と。愕然としましたよ。思わず『大半って、9割近くですか』と確認したほどです。売り場の状況は、予想以上に悪化しているようですね」

 しかも、宝くじの種類や枚数、連番やバラの比率などは「みずほ銀行の担当者任せ」だという。

「『前回と同じぐらいでいいですかね?』と聞かれ、『そうですね』という感じです。昨年の年末ジャンボの内訳は、プチが6000枚、ミニが1万枚、残り3万4000枚がジャンボ。もし完売すれば1000枚単位で追加注文となるのですが、昨年は数百枚ほど売れ残りました。連番とバラの比率もお任せで、1束(1000枚単位)ごとに『連番』『バラ』と書かれている。3対7ぐらいの割合で『バラ』のほうが多かった」

 また、昨年の年末ジャンボ宝くじでは、新しい買い方として「福バラ100」や「福連100」などが加わり注目を集めたが、現場の反応は冷ややかだった。

「どちらも購入費は3万円(100枚)で、必ず6000円(300円×10枚+3000円)以上の当せんが確定します。なので『実質2万4000円で億万長者の夢を買える!』みたいなうたい文句で購買欲をかき立てる売り場もあったみたいですね。『2割引きのお買い得セット』みたいなイメージでしたが、うちではあまり売れませんでした。最近、3万円分も購入する人は少ないですよ」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”